昇格へ向けて頑張っています!

武蔵戦試合レポート

10月31日に行われました武蔵戦の試合のレポートです。

<第1Q>

試合は明学オフェンスからスタート。
スタートと同時に1年滝澤(#16)がキックオフのボールを抱え敵のディフェンスをかわし、そのままタッチダウン!
1年浅見(#37)のTFPも見事にきまり、試合開始直後から7-0とこれまでにない好スタートをきります。
続きまして武蔵大学の最初のオフェンス。
ラン中心のプレーでじわじわとゴール前へのゲインを許してしまい、武蔵大学のファーストタッチダウンで得点は7-6。
しかしTFPに失敗し7-6の1点差。
明学2回目のオフェンス。3年斉藤(#11)から2年松本(#23)へのパスで8ヤードゲイン。3年斉藤(#11)自身のランで21ヤードゲインするなど積極的なプレーが飛び出しますが、ミス・反則が目立ち、なかなか思うように試合を進めることができません。



<第2Q>
第2Qは武蔵大学のオフェンスからスタート。
スタートと同時に武蔵大学のファンブル。
しかしこのチャンスを掴むことができません。
第2Q最初の明学オフェンスへと移り変わりますが、なかなか思うようにヤードを獲得できません。武蔵大学2度目のオフェンス。
2番QBからのパスが通り、いきなり52ヤードのゲインというピンチの中、武蔵大学2度目のファンブルで明学オフェンスに希望を繋ぎます。
ランプレーなどで徐々にゲインを続けますが、タッチダウンには1歩く及びません。


<第3Q>
ハーフタイムが明け、第3Qは明学オフェンスからスタートします。
3年斉藤(#11)から1年滝澤(#16)へのランプレーで9ヤード獲得。
3年の乗松(#21)へのランプレーで少しずつ前へゲインし、ついに3年堀(#9)へのランプレーで2度目のタッチダウン!!
1年浅見(#37)のTFPもきまり、得点は14-6


<第4Q>
更なる得点さをつけたい明学。
第4QではFGをきめ得点は17-6
しかし武蔵大学も最後まで攻め続け、第4Q3回目の武蔵大学オフェンスでタッチダウンを許してしまいます。
得点17-14
最後のオフェンスでタッチダウンを狙いにいくも、ここでゲーム終了。
17-14でリーグ戦初勝利をおさめました!


今回も遠い会場にも関わらず、たくさんの方が応援に駆けつけてくださいました。
いつも応援してくださるSAINTSファミリーの皆様本当にありがとうございます。
今回やっとリーグ戦初の白星を飾ることが出来ました。
これもいつも応援してくださる皆様のおかげです。


この勝利に決して満足することなく、残り2戦ではもっと皆様を魅了できますような感動的な良い試合をしたいと思います。
引き続きあたたかい応援をよろしくお願い致します。