昇格へ向けて頑張っています!

日体戦レポート

更新が遅れてしまい大変申し訳ございません。
5月29日(土)、アミノバイタルフィールドにて行われた日本体育大学TRIUMPHANT LIOINとの試合結果を報告します!

【第1Q】
2年K湯澤(#78)のキックにより試合開始。
日体の力強いオフェンスを早くも3年LB鈴木(#40)の好タックルにより勢いをせき止め、試合の主導権をSAINTSに渡す。好ディフェンスを受けオフェンスも流れをくんで、この日ゲームの先制点を決めたのはSAINTS4年RB乗松(#21)!
日体も負けじとオフェンスに力が入るがここでクォータータイムとなる。

SAINTS 7 - 0 日体

【第2Q】
第2クォーター、開始間もなく得点を決めたのは再びRB乗松(#21)!
明学オフェンス勢い付いたと思いきや、直後に日体の得点を許してしまう。
日体にオフェンスの流れを渡すまいと、3年RB松本(#23)が27ヤードのランプレーに成功し、SAINTS3度目のタッチダウン!2年RB/K浅見(#37)のキックも好調、PATでSAINTS得点に貢献。
良い流れをつかんだSAINTSオフェンス、RB浅見(#37)が続けて24ヤードのランプレーに成功しさらに追加点。ゲーム前半、RB陣の果敢なランプレーが目立った内容となった。

SAINTS 27 - 7 日体

【第3Q】
ゲーム後半、好調の明学オフェンスからスタート。
しかし、日体の堅いディフェンスで思うように攻めることが出来ないSAINTS。
QB・RBをはじめとしバックス陣が次々とランプレーにトライするもこのクォーターで得点すること無く、両者スコアを変えずに3Q終了。

SAINTS 27 - 7 日体

【第4Q】
ゲームも終盤ラストスパートをかけ、追加点を狙うSAINTS。
開始早々、4年QB斎藤(#11)自らボールをキープし30ヤードのランプレーによりタッチダウン!
しかし、すかさず日体も後を追うようにしてタッチダウンを返してくる。
その後追加点を狙うも得点のチャンスに恵まれなかったが、最後はSAINTS粘りのディフェンスを見せ試合終了。

SAINTS 34 - 7 日体


春シーズン、一部ブロックのチームとの試合で白星を取れたことは、今年のSAINTSにとって大きな自信となりました。今シーズンも残すところ1か月を切りましたが、プレイヤーもスタッフもさらにラストスパートをかけて練習に励んでいきたいと思います!

次戦は、6月13日(日) 15:00 KICK OFF
VS 城西大学 B-RHINOS @へボンフィールド  です。

皆様の温かい応援、現役一同心よりお待ちしております!