昇格へ向けて頑張っています!

東洋戦レポート

9月3日(土)、アミノバイタルフィールドにて行われた東洋大学VIKINGSとの試合をレポートします!

【第1Q】
東洋大のキックにより試合開始。
SAINTSリターナーはRB#23松本(4年)。
この日は数多くの試合で経験を積んだQB#7大塚(4年)を司令塔に登用し、安定したランに加えパスも展開。
RB#81根本(4年)・#23松本と上級生タックでボールをうまくつなぎ合わせ敵陣深くまで進めるも、あと1歩のところで守られてしまう。
一方で、攻撃権が東洋へ渡るや否やDL#77瀬尾(2年)が早くもQBサックを決めるなどディフェンスは攻めの守備で好調のスタートを切る。

SAINTS 0 - 0 東洋

【第2Q】
1Qでうまくボールを前進させることが出来たSAINTS。
2Q開始早々、QB#7大塚が自らボールをエンドゾーンへ持ち込み、今シーズン初のタッチダウンを決め一歩リード。
東洋も後を追うようにしてパスをメインにプレーを展開してくる。
キャッチアップへ向けた積極的なランやパスでSAINTSディフェンスは打破され、ただちに同点まで追い付かれてしまった。
先にリードしたい両チームはその焦りから、共にホールディングやタッチバックなど試合の流れを互いにせき止めてしまう。

SAINTS 7 - 7 東洋

【第3Q】
前半、焦りを見せていた両チームであったが共に安定したプレーを繋ぎ、互いに敵陣へと攻め込むも決死のディフェンスを破れず、フレッシュ獲得には至らず。
しかしリーグ戦で早くもフロントで大活躍の新人DL#63林(1年)はQBサックに成功し、SAINTSにゲームの流れを作る。
良い流れをバトンパスされたSAINTSオフェンス、主力RB総動員で前進し、再びタッチダウンを決めたのはQB#7大塚だった。

SAINTS 14 - 7 東洋

【第4Q】
SAINTS再び攻撃チャンスをうかがうも東洋ディフェンスを破れず。
一方で東洋は追加点を狙うべくランプレーを重ね、ギャンブルにトライするが勢いづいたSAINTSディフェンスがこれをしっかり守りぬきタイムアップ。

SAINTS 14 - 7

台風接近でかなりコンディションは良くなかったのですが、
この日も試合会場には多くの皆様に足をお運びいただき温かいご声援をいただいたおかげで初戦で勝利することが出来ました。
SAINTS現役一同御礼申し上げます。
次戦からはスケジュールもタイトになり、練習はもちろんスカウティングなど準備に充てる時間が限られてきますが一人ひとりが最善の準備をしてホームでも応援して下さる皆様の期待にこたえるプレーをお見せしたいと思いますので引き続きご声援の程宜しくお願い致します!

次戦は、
9月18日(日) 14:00 Kick Off
VS 東京学芸大学 SNAILS
@明治学院大学ヘボンフィールド

です!

応援宜しくお願いします!