昇格へ向けて頑張っています!

桜美林戦レポート

10月2日(日)、学習院大学目白グラウンドにて行われた桜美林大学 THREENAIL CROWNSとの試合をレポートします!

【第1Q】
桜美林大のキックにより試合開始。
SAINTS自陣20ヤード地点よりリターン開始したのはRB/RET#23松本(4年)。
この日はQB#7大塚(4年)を司令塔に積極的なランプレーでオフェンスを展開。
主力RB#81根本(4年)、#33都築(2年)がボールを繋ぎ、たちまち敵陣へ。
敵陣15ヤードまで攻め込むと、SAINTS1本目のフィールドゴールトライへ。
ゲームの先制となるこのフィールドゴールを決めたのはOL/DL/K#78湯澤。
このキックによりSAINTSはこのゲーム最初の主導権を握る。

SAINTS 3 - 0 桜美林大

【第2Q】
第2クォーターが始まると両者のディフェンスは一層力が入り、お互い思うようにボールが進められず、4th downパントによる攻守交替が続く。
前クォーターよりもパスプレーが増えたSAINTSだが依然として相手ディフェンスを突破できず。
前半終了5分前にRB陣の強気なランがブレイクし、RB#1黒沢(3年)にボールが渡ると、桜美林のDLやLBによる鉄壁ディフェンスを交わして22ヤードを独走しエンドゾーンへ。
しかし、この追加点によりSAINTS油断が災いしたのか、直後のキックカバーで相手に走り抜けられリターンタッチダウンを許してしまう。

SAINTS 10 - 6 桜美林大

【第3Q】
SAINTSのキックにより試合後半がスタート。
桜美林は後半逆転を図ったパスプレーを狙ってくる。
しかしSAINTSディフェンスも攻めの守備を見せ、LB#47下田(1年)はパスカットへ相手の勢いに歯止めをかける。
SAINTSへ攻撃権が渡ると早々にホールディングを取られてしまい、エンドゾーンは次第に遠のいてしまい、自ら得点のチャンスを生かせないシチュエーションに追いやってしまう。
SAINTSは敵陣24ヤードよりフィールドゴールトライするが逃げ切れず。
一方で、桜美林大は完全に波に乗りターンオーバー直後のパスプレーとランプレーで追加点を挙げ、まさかの逆転によりSAINTSにピンチが訪れる。

SAINTS 10 - 12 桜美林大

【第4Q】
勢いに乗る桜美林オフェンスから迎えた終盤、SAINTSディフェンス「盲点を決めさせない」、「オフェンスにチャンスを作る」2つの思い出決死の守備を見せ、#54鈴木(LB)を筆頭に主力LB陣が活躍。オフェンスにチャンスが来ると、RB#33都築が桜美林ディフェンスを突破し、返しのタッチダウンを挙げる。
再びディフェンスは変わらず攻めのスタンスで守り抜き、DL#77瀬尾(2年)がQBサック2本連続成功し、ファンブルリカバーSAINTSオフェンスに最後の攻撃チャンスをもたらす。
ディフェンスは更にヒートアップしDB陣も守備に力が入る。
試合終了5分前ではLB#8牧(4年)がインターセプトタッチダウン!
さらに相手を引き離して試合終了。

SAINTS 23 - 12 桜美林大



無事、今シーズン3連勝を挙げることが出来ました。
アスリートも多く、優れたタレントチームと言われた桜美林大学に今年も勝利できたのも、遠くまでお越しいただいた皆様の温かいご声援のおかげです!
リーグ戦も次戦で折り返しですが、いっそう気を引き締めて更に完成度の高いプレーを皆様にお見せしたいと思います!
本日は本当にありがとうございました。
SAINTS現役一同、心より御礼申し上げます。

次戦は、

10月16日(日) 10:30 Kick Off
VS 防衛大学校 CADETS
@アミノバイタルフィールド

です!
引き続き、応援宜しくお願いします!