昇格へ向けて頑張っています!

防衛戦レポート

10月16日(日)、アミノバイタルフィールドにて行われました防衛大学校CADETSとの試合をレポートします!

【第1Q】
防衛大のキックにより試合開始。
SAINTS自陣16ヤード地点よりリターン開始したのはRB/RET#23松本(4年)。
QB#7大塚(4年)と、#81根本(4年)、#33都築(2年)を中心としたRB陣が連携の取れたランプレーでボールを徐々に前進させていく。
敵陣、ゴール前9ヤードまで攻め込むとOLにペナルティが出てしまい15ヤードもの罰退を受けてしまうが、敵陣17ヤード地点よりOL/K#78湯澤(3年)がしっかり先制フィールドゴールを決める。
クォータータイム残り1分を切り、初めてSAINTSディフェンスに回ると守備開始早くもDL#6廣岡(4年)が1発目のQBサックに成功。

SAINTS 3 - 0 防衛大

【第2Q】
第1クォーター終了間際の相手のファンブルロストにより、SAINTS再び敵陣22ヤードで攻撃権を獲得し開始早々RB#23松本が快調のランプレーでタッチダウン。
ターンオーバーし、防衛大に攻撃権が渡るも、キックリターンでいきなりのファンブルをSAINTSががっちりリカバーし、敵陣20ヤードより再び攻め込む。
14ヤードを走り抜け追加点を挙げたのは本日タッチダウン2本目の#23松本。
絶好調のプレーを見せたのはオフェンスだけでなく、ディフェンスもDB#22石橋(4年)がインターセプトしSAINTS得点リードへ貢献。
再び敵陣からの攻撃権を得たSAINTSはゴール前16ヤードからRB#1黒沢(3年)が走りこみ、このクォーター3本目のタッチダウン。
防衛大もパスを使い始め、攻めのスタンスを見せるも再びRB#23松本がタッチダウンを決め、怒涛の大量得点したオフェンスに加えディフェンスが相手を完封し試合前半は終了。

SAINTS 31 - 0 防衛大

【第3Q】
SAINTSのキックにより試合後半がスタート。
後半が始まると防衛大のRB陣は積極的なランプレーを展開し、QB#9はパスプレーを交えてくる。
DL#63林(1年)、DB#22石橋が好タックルを見せるも相手チームRBに走り抜けられゴール前1ヤードから飛び込みのタッチダウンを決められてしまう。
一方SAINTS後半は、大塚からQB#5斎藤(2年)へ交替し、RB陣も#24正木(1年)、#34政所(1年)などフレッシュなメンバーでプレーを展開。
敵陣20ヤードまで攻めると思うように相手ディフェンスを突破することが出来ず、再びOL/K#78湯澤」がフィールドゴールを決める。

SAINTS 34 - 7 防衛大

【第4Q】
その後もDB#22石橋のインターセプトやDL#6廣岡、#63林のQBサック、LB#47下田(1年)のパスカットなど上級生だけでなく下級生も貪欲な守備を見せる。
そして下級生中心のオフェンスでエンドゾーンを目指すとRB#33都築が今季2度目のタッチダウンを挙げた。
QBはさらに#3加藤(1年)へと替わると、得意のパスプレーで一気に26ヤード前進させるもエンドゾーンには届かず、今季1番の得点数で試合終了。

SAINTS 41 - 7 防衛大



今シーズンも折り返し地点となるこの試合でも無事4勝目をあげることが出来ました。
本日も天候が不安定な中、ご父母やOB/OG、附属高校生など多くの皆さまに応援にお越しいただいたおかげで勝利できたと思っております。
現在4戦4勝のSAINTSは2部リーグBブロック首位となっていますが、これから先の3戦は格上相手との試合なのでさらにスカウティングや日ごろの練習を徹底してプレーを完成させていきたいと思います。
本日は本当にありがとうございました。
SAINTS現役一同心より御礼申し上げます。

次戦は、
10月30日(日) 13:45 Kick Off
VS 帝京大学 ASSASSINS
@帝京大学八王子グラウンド

です!

引き続き、応援宜しくお願いします!