昇格へ向けて頑張っています!

VS駒澤大学 試合レポート

VS駒澤大学の試合レポートです。
応援ありがとうございました。

2012年10月27日 駒澤大学戦試合レポート@駒澤第二球技場

【第1Q】
 駒澤大学のキックにより試合スタート。WR#17羽成(3年)が自陣15yまでGain。その後フレッシュを獲得するが、4th DownでRB#34政所(2年)がパントを行い、攻撃権が駒澤大学に移る。駒澤大は自陣47yより1stDownを開始。SAINTSは相手のランプレイを止めることができず、自陣12yまで攻め込まれる。その後の1stDownで残りの12yを走り切られ、TouchDown。SAINTSは先制点を許してしまう。相手はPATを成功し、この時点で0-7。
 追いつかなければならないSAINTS。試合は駒沢のキックにより再開し、SAINTSは自陣31yより攻撃になる。この日も司令塔はQB#5齋藤(3年)。明学オフェンスは順調にボールを進めていく。そして、敵陣43yからの攻撃。QB#5斉藤からRB#7杉田(1年)へのパスが成功しそのまま走りきりTouchDown。RB/K#27吉野のPATも成功し同点に。
 SAINTSのキックにより試合再開。駒澤大学はフレッシュを獲得し続け、敵陣8yまで攻めたところで、第1Qは終了。

SAINTS 7 – 7 駒澤大学


【第2Q】
 追加点を抑えたいSAINTSであったが、駒澤大学の得意のランプレイにより、TouchDown。PATは失敗であったが、追加点を許してしまった。この時点で7-13。
 駒澤大学のキックにより試合再開。SAINTSは自陣16yからの攻撃。フレッシュを獲得しボールを進めていくが、一旦は駒沢大に攻撃権が渡り自陣24yまで攻め込まれるが、駒澤大学がファンブル。DB#31松波(2年)がリカバーし、SAINTSは攻撃権を得る。
 SAINTSは敵陣40yより攻撃を開始。敵陣26yで4th DownとなりFGを行うが失敗。攻撃権は駒澤大学に渡ってしまう。しかしDB#28高島(4年)が相手のパスをインターセプトし、SAINTSの攻撃となる。攻守の競り合いが続く。敵陣38yより攻撃開始。SAINTSはランプレイでフレッシュを獲得し続け、RB#34政所がTouchDown。PATも成功し14-13。
 追加点を得たいSAINTSであったが1点リードのまま第2Qは終了。

SAINTS 14-13 駒澤大学


【第3Q】
 SAINTSのキックにより試合再開。リードしているSAINTSは勢いに乗りたい。しかし、駒澤大学のランプレイを止めることができない。フレッシュを獲得され続け、TouchDownを許してしまう。2ポイントコンバージョンも成功され、14-21に。駒澤大学に逆転を許してしまう。
 駒澤大学のキックにより試合再開。SAINTSはフレッシュを獲得することができず、駒澤大学の攻撃に。駒澤大学はファンブルが目立ち、4th Downでパントし攻撃権はSAINTSに。攻守の入れ替えが激しい。
 SAINTSは自陣27yからの攻撃。3rd DownでQB#4齋藤からWR#17羽成へのパスが成功し、残りの67yを走り切りTouchDown。PATも成功し同点に。21-21。
 流れがSAINTSに来たというところで、第3Q終了。

SAINTS 21-21 駒澤大学


【第4Q】
 駒澤大学の攻撃から試合再開。いきなり駒澤大のロングランによりSAINTSは自陣15yまで攻め込まれる。ゴール前での攻守の戦いが続く。SAINTSディフェンスはゴールを許さず、また駒澤大学はチョップブロックにより15yのペナルティ。FGを失敗し攻守交代。
 SAINTSは自陣44yまで進むが、パントにより攻撃権はまたもや駒澤大学に。しかしLB#47下田(2年)のQB Suckにより駒澤大を自陣46yまで押し込む。駒澤大のパントによりSAINTSの攻撃に。
 しかしこの後、フレッシュを獲得できず、攻撃権を駒澤大に渡してしまう。
ゴール前10yまで攻められるSAINTS。今にもTouchDownされてしまいそうな場面である。その場面でDL#63林(2年)がQB Suckし、駒澤大の攻撃は4thDownに。駒澤大学はFGを選択。緊張の一瞬。駒澤大のFGは失敗し、SIANTSの攻撃になる。
このチャンスを活かしたいSAINTS。しかし、残り時間は38秒。フレッシュを獲得し、自陣32yからの攻撃。残り時間は僅か。RB#7杉田にパスが渡り、GainするがTimeUpにより試合終了。

SAINTS 21-21 駒澤大学


最後は緊張する場面ばかりでした。
応援ありがとうございました。

残りの2戦もSAINTS全員で頑張ります。
応援よろしくお願いします。