昇格へ向けて頑張っています!

VS青山学院大学試合レポート

VS青山学院大学試合レポート

2013/4/21 VS青山学院大学@アミノバイタルフィールド 13:30KickOff

【第1Q】
 SAINTS #27吉野(RB/K 2年)のキックにより試合開始。青山学院大学の攻撃になり、フレッシュを一度獲得されるが、その攻撃を止めSAINTSの攻撃に。
 SAINTSは得意のランプレイによりフレッシュを獲得していく。この日のオフェンスの司令塔は #5齋藤(QB 4年)。#34政所(RB 3年)、#24正木(RB 3年)が齋藤からボールを受け取り、フレッシュを獲得し続ける。敵陣32y地点から1stDown10。ランプレイかと思われたが、#5齋藤から#17羽成(4年 WR/DB)にパスが見事に決まりTouchDown!
SAINTSは先制点を得る。またPATも#27吉野が決めて得点に。
この時点でSAINTS7-0青山学院大学
 この後、青山学院の攻撃が続くがSAINTSは何とか抑え第1Q終了。
SAINTS7-0青山学院大学

【第2Q】
 試合が再開され、SAINTSの攻撃になる。自陣28yからの攻撃。#33都築(4年 RB)のランプレイにより39y獲得しフレッシュ。1stDownに。また続いて#17羽成へのパスも成功し勢いに乗るSAINTS。しかし、それも長くは続かずFumbleをしてしまいペースを乱す。そして、青山学院の攻撃になるが、SAINTSは1stシリーズで抑え攻撃権を得る。
しかし、この日のSAINTSはミスが目立った。またしても、Fumbleをしてしまい、相手に攻撃権を渡してしまうのであった。攻守の入れ替えが激しく、お互い得点を得られないまま、第2Qは終了。
SAINTS7‐0青山学院大学

【第3Q】
 青山学院大学のキックにより試合再開。SAINTSはリターンがうまくいかずに攻撃権を得る。続いてFumbleもしてしまい、青山学院大学に攻撃権を渡してしまう。
 青山学院大学の攻撃。1stDown10。残り5y。SAINTSにとっては危機的状況だ。何としてでも止めたいSAINTS。3rdDownまで耐えたが、相手のランプレイによりTouchDown。青山学院大学はPATも成功し同点に。
この時点でSAINTS7-7青山学院大学
 青山学院大学のキックにより試合再開。SAINTSはリターンをし、自陣35yより1stDown。この日はやはりミスが目立った。ランプレイでパスをしようとしたところ、相手にパスキャッチをされてしまい、そのままTouchDown。青山学院大学はPATも成功し、逆転されてしまう。
この時点でSAINTS7-14青山学院大学。
青山学院大学のキックにより試合再開。これ以上追加点を与えるわけにはいかないSAINTS。SAINTSはランとパスをうまく使い分けフレッシュを獲得するが、エンドゾーンには届かない。このまま時間が流れ、第3Q終了。
SAINTS7-14青山学院大学

【第4Q】
 第4QはSAINTSのパントからスタートし、青山学院大学の攻撃。青山学院大学3rdDown13自陣42y地点からの攻撃。#41岩橋(2年 LB)のQBSack。続いて#77瀬尾(4年 DL)のパスカットによって青山学院大学の攻撃が止まる。
 代わって明治学院大学SAINTSの攻撃。自陣37yからの攻撃であったが、相手の反則などにより、自陣25yからの攻撃に。2ndDown-10。#5齋藤から#17羽成への約25yのパスが成功し、パスをキャッチした羽成がエンドゾーンまで走り抜けTouchDown! PATも#27吉野が成功。この時点でSAINTS21-14青山学院大学。
 SAINTSのキックにより試合再開。追いかける青山学院大学。追いつかれるわけにはいかない、SAINTS。しかし、青山学院大学は次々にフレッシュを獲得していき、1stDown-G3y。残り時間43秒。青山学院大学は着実にボールを進めていき、TouchDown。SAINTSは止める事が出来なかった。SAINTS20-青山学院大学。
次のPATはおそらく2point conversionが予想された。2point conversionを決めれば、青山学院大学の勝利。止めればSAINTSの勝利。緊張の一瞬。プレイが始まり、キャリアが右側に抜けてくる。そこを的確に見て、止めたのが#47下田(3年 LB)であった。エンドゾーン1y手前で止め、得点を与えなかった。SAINTS21-20青山学院大学。
青山学院大学のキックにより試合再開。そして、KneeDownによりそのまま時間が流れ、試合終了。
 
SAINTS21-20青山学院大学


過去2年連続同点引き分けておりましたが、今年は勝利いたしました。
お足下の悪い中お越しいただきありがとうございました。
今後ともSAINTSの応援よろしくお願いいたします。