2003年9月 「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」採択

応募テーマ:5、取組名称:「大学教育における社会参画体験の取込と実践  - ボランティアセンターによる教育支援の試み - 」

明治学院大学では、教育における「社会参画体験」の重要性に対する深い認識が、学部学科の枠組みを越えて共有されています。本取組は、自らの体験に基づき、自主的に思索し行動する力を学生自身から引き出すための、主としてボランティア活動を通じた教育上の工夫の集成です。多くの学科では、既に直接間接に正規の授業にボランティア活動を取り入れた科目を用意しています。一方、ボランティアセンターは、独自にボランティア活動の紹介、課外活動の支援、学生スタッフの育成、ボランティア公開講座の開催等を展開し、そのノウハウを活用して、学科の教育への協力も行っています。この取組の結果、学生のボランティア活動に対する理解と意欲は著しく向上し、目標とする「学生自らが様々な形で社会参画の企画・運営を実践すること」が達成されています。個々の活動実績は多岐にわたりますが、学生ボランティアへのファンド提供事業は、本学と企業との連携による様々な企画の一例であり、本学の教育が社会的に評価された証となる成果と考えられます。