スマートフォン版を表示

教員採用支援

教員採用試験の概要

公立学校の教員採用試験は、各自治体ごと(例:東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、相模原市等)に行われ、都道府県単位もしくは政令指定都市はその単位で個別に採用試験を行うのが一般的です。一次試験では筆記試験(論作文含む)、二次試験では集団面接、個人面接、模擬授業、場面指導などを課すこともあります。 試験の実施時期は、自治体にもよりますが、4年生の7~8月に実施されることが多く、原則、隣接する近隣自治体では、試験日が同一となります。併願することが出来ないため、多くの受験者は、一つの自治体だけで教員採用試験を受けることになります。そのため、勤務を希望する自治体の教員採用試験に向けて、十分な準備と対策が求められます。 また、私立学校は各学校ごとに採用試験を実施し、試験の時期も、4年生の4月から卒業直前の3月まで行われることもあります。その学校で教員の欠員が出る場合など、個別の学校の事情により、採用の有無が年度によって異なり、採用数も1~2名と少数となるケースが多いです。 採用試験を突破した本学の卒業生の多くが教員とし活躍されています。先輩方に続くために、みなさんも採用に向けての準備を計画的に進めるようにしましょう。

教員採用試験対策講座・ガイダンス

1年次から受講できる教員採用試験対策の課外講座や教員採用試験対策模試などを開催しています。

■主に1、2年生対象

教職キャリアガイダンス、教職インターンシップ説明会、教育現場を知る講座、基礎を固める学習法講座など

■主に3、4年生対象

各自治体教育委員会による採用説明会、教職インターンシップ説明会、私立学校の教員をめざす学生のための説明会、論作文講座、面接対策講座、戦略的学習法講座、夏期講座、秋学期講座、直前講座、合格者に学ぶ講座、直前講座など

教職キャリアアドバイザー制度

先生になるためのキャリア形成および就職をサポートするスタッフとして、教育現場を熟知している校長や教育委員会での実務などの豊富な現場経験を持つ専門の「教職キャリアアドバイザー」を教育キャリア支援課に配置し、学生に対してきめこまやかに、経験に基づいた実践的指導を行っています。
原則、事前の予約制となっていますので、相談希望の学生は、窓口までお問い合わせください。

スクールボランティア

スクールボランティアとは、学生が学校現場の補助員としてボランティア活動を行うもので、学校内における学習支援補助や放課後の活動をサポートする活動です。内容は,学校現場のニーズによって、また時期によっても必要な支援が異なります。
学生の立場で、学校現場を学ぶことができる「インターンシップ」という観点から、将来どのような教員になりたいか、学校現場における先生の役割や教職員連携などを身近で学ぶ大変貴重な機会です。
スクールボランティアの募集は、各自治体の教育委員会で募集を行うケースや学校に直接問い合わせて確認するケースなど、募集方法は多様です.ボランティア先の学校を探す方法が分からないときは、大学の窓口までお問い合わせください。
スクールボランティアとして応募する際は、こどもたちと関わる仕事であるという、その責任と自覚を持った活動が求められます。将来教員をめざす学生(教員免許取得見込者)にとって、スクールボランティアは現場を知る良い機会ですので、チャレンジしてください。

■現在募集中のスクールボランティアについて

教員免許取得に関する科目を履修している在学生に向けに「Port Hepburn」でお知らせしています。
更新情報:現在、募集中のスクールボランティアはありません

採用実績

教員として多くの本学卒業生が、幼稚園教員、小学校教員、英語科教員、社会科教員、特別支援学校教員として多数の方が活躍されています。
また、これ以外にも、商業科教員等や本学を卒業後に他大学等で教員免許を取得し、国語科教員や数学科教員として教壇に立つ教員もいます。
近年の採用状況については、こちら