明治学院大学ボランティアセンター  /  センターの活動  /  1 Day for Others  /  参加費無料【貧困問題を考える。】家庭に食品を届ける活動の講演会「フードバンク活動」

参加費無料【貧困問題を考える。】家庭に食品を届ける活動の講演会「フードバンク活動」

「もったいない」を「ありがとう」に変える「フードバンク活動」
-その中からみえてくる貧困問題とセーフティネットの重要性について-

普段の生活の中で、経済的理由から満足に食べられない人が日本にいることを意識する機会は少ないかもしれません。でも、実はあなたの周りでも、貧困に直面し、十分に食べることができない人がいるのです。
学校が休みになると給食がないため、痩せてしまう子ども。ひとり親家庭では、その50パーセント以上で満足に食事ができていないとういう現実。

フードバンクかわさきでは、食品関連企業や農家、一般家庭などから提供を受けた食品を困窮家庭に届ける活動をしています。週2回の配達時には食品だけでなく、それぞれが抱える問題を理解し、ハートも一緒に届けています。
今回の講演では、フードバンクかわさきの代表 高橋実生氏より「フードバンク活動」についてお話していただきます。皆さんも日本の抱える貧困問題に目を向けて、何ができるかを考えてみませんか?

フードバンクかわさき

2013年よりフードバンク活動を開始。
貧困が要因となってDVや虐待といったファミリー・バイオレンスが発生するケースが多く、暴力から逃れられたとしても、経済的に安定した生活を送れない人がいる。
フードバンクかわさきでは、食品関連企業や農家、一般家庭からの協力を得て、十分に食糧を得られない家庭に食品を届ける活動を行っている。この活動により、家庭内暴力の一因である貧困を解消すると同時に「一人じゃない」という思いを持ってもらえるよう、困ったときにすぐに相談できるネットワークづくりにも力を注いでいる。

  • <講演タイトル>「もったいない」を「ありがとう」に変える「フードバンク活動」
    -その中からみえてくる貧困問題とセーフティネットの重要性について-
  • <日時>6月10日(水)4限(15:05~16:35)
  • <場所>横浜校舎 10号館 1022教室
  • 予約不要!

お問い合わせ先

ボランティアセンター

  • 横浜校舎 4号館1階 TEL&FAX 045-863-2056(月~金 10時~17時)
  • 白金校舎 本館1階 TEL&FAX 03-5421-5131(月~金 10時~17時)