気仙沼

2013年10月3日

2013/09/14-16 気仙沼大島9月活動

2013/09/14-16 気仙沼大島9月活動

 今回は、新規メンバー9名、継続メンバー6名、明学の職員の方が1名の計16名で活動します。待ちに待った気仙沼大島での活動です!有意義な活動になることを願い、いよいよ出発です!

13日23時 夜行バスで大島へ向かいます。しかし、高速道路での事故の影響で2時間程の遅れが生じました…。無事到着するか不安でしたが、活動に備えしっかり休みました。

14日 
予定していた到着時刻より遅れが生じましたが、大島に無事到着。初日の活動には支障をきたさず、予定通りの時間に活動を始めることができました。

最初の活動は、大島小学校で行われる敬老会の会場設営です。大島の方々と共にシートを床に敷いたり、椅子や机を並べました。大人数で手伝ったので早めに終わることができました。
約250名の方が参加されるようで、どのような敬老会になるのか楽しみです!

午後からは、聴き旅を体験し、亀山からの絶景にメンバー一同とても感動しました。しかし、木々に火事によって焼き焦げた跡があり、震災の猛威も感じました。津波によって流されてしまった導き地蔵の民話なども聴け、大島のことを知れた貴重な経験です。

その後、大崎さんの畑に案内していただき、ししとうを両手に溢れるほど収穫させていただきました。明海荘さんに戻り、美味しい夕食を食べ、初日のミーティングを行いました。活動班ごとに分かれ、今日一日の反省を行ったり、大島の魅力について熱く語り合いました。継続メンバーから新規メンバーへ大島のことを伝える時間でもあり、明日からの活動に生かしていこうとしていました。


15日 
2日目最初の活動は大島神社のお祭りのお手伝いです!メンバー一同お祓いをしてから、慎重にお神輿を石段から降ろし、トラックに積み、荷台に乗り込みました。民家の方へ下ると、さて、ここからは、学生たちの若いパワーを出しながら、「よいよい」と言いながらお神輿を担ぎ大島をねり歩きます!途中途中で差し入れをいただきながら、多くの島の方々と交流し、心から楽しむことができました。

午後からは、敬老会です。多くの方々が参加されていてとても活気があります。虎舞や舞踊を見させていただいたり、大島小学校のお孫さんによるおじいちゃん、おばあちゃんに向けての作文発表を見させていただき、大島の方々のあたたかくほんわかした雰囲気を掴めることができました。敬老会が終わると、雨が…。後片付けを行い、敬老会で余ったお弁当を仮設住宅へ配りに行きます。仮設住宅の現状を知れる貴重な機会となりました。

その後、明海荘さんで夕食の準備や掃除、除草作業です。昨日、大崎さんから頂いたししとうなどを自分たちで揚げ、夕食で食べることができたのでより一層美味しくいただけました。

夕食を食べ終えると、2日目のミーティングです。2日間の活動を踏まえ、復興のためにでき
ることとして気仙沼TシャツやB級グルメの考案など活発的に新規メンバーから意見が出ました。ミーティングには熊谷さんがいらっしゃってくださり、ミーティングの様子を見学されていました。ミーティングが終わると、熊谷さんがお話しをしてくださり、メンバー一同真剣に話を聴いています。〝現在の大島にここまで戻るのにはかなりの時間がかかり、大島と太く長く繋がっていてほしいし、大島へ遊びに来てくれることが島の人は嬉しい。″〝震災時の経験から瞬時に判断することが大事だ。″ということなどを私たちに伝えてくださり、とても心に残りました。

16日 
とうとう最終日!ゆず農家の小山さんのお宅で活動の予定でしたが、あいにくの台風…。フェリーが欠航する前に島を離れたほうがいいと明海荘のご主人がアドバイスをくださり、残念ですが、小山さんのお宅での活動はせず、午前中に島を離れることにしました。

心残りはありましたが、明海荘さんのご夫婦と熊谷さんに見送っていただき、大島を離れました。突然の予定変更で慌てましたが、公民館に連絡し、予定していた時間より大幅に早く来てしまったのに快く場所を提供していただきました。その後は、大島神社のお祭りのお手伝いを通しての感想を思い思い色紙に書きました。お昼の時間になり、風や雨が弱まっているうちに昼食と入浴を済ませようということになり、おさかな市場で昼食を取り、気仙沼プラザホテルでお風呂に入らせていただきました。

 公民館に戻ると、ディスカッションを行います。ボランティアのメリット・デメリットについてやボランティアに来る前と来てみての違いなどについて語り合い活発に意見交換しました。夕食を取った後、最終日のミーティングです。一人ひとりが3日間の活動を通しての熱いメッセージを語り、みんなの様々な思いを共有することができました。どのメンバーもまた大島に行きたいと言っています!それは、本当に大島の魅力を知り、大島の方々のあたたかさに触れることができたからだと思います。だからこそ、今回の活動を通して見たこと、体験したこと、聴いたこと、学んだことなどをどんどん外に発信していってほしいです。

 あっという間の3日間の活動でしたが、一人ひとりにとって有意義な活動になったと思います。熱く語り合っていると、時間は尽きないものですが、いつのまにか公民館を出発する時間になり、慌ただしく公民館から出て夜行バスに乗りました。みんな疲れていたようで、ぐっすり休んでいます。

17日早朝 池袋駅に到着し、各々帰路につきました。

充実した3日間を過ごすことができました。皆さん、本当にありがとうございました。


社会学部社会福祉学科3年 柳澤菜月