明学・大槌町吉里吉里復興支援プログラムブログ

2015年3月11日

【学習支援】2月2日(月)

【吉里吉里中学校 授業サポート】

1時間目からは学生がそれぞれの学年に入ることができました。
また、毎回の活動で課題とする中学生との距離の縮め方についても各学生が問題意識を持って接することができました。
6時間目終了後には中学生全学年と交流するお時間をいただき、アイスブレイクとして無言で誕生日順に1列に並ぶというゲームなど行いました。体育館を使用してという形であり、とても寒い中で体を動かすようなゲーム内容にしなかったことが反省点として挙げられます。ただ、全学年の中学生が一同に揃う場はあまり見ることがなく授業サポートに入っているだけでは見られなかった、中学生の先輩・後輩の関係を垣間見ることができたので、新たな一面を知ることにつながりました。また、活動初日での交流は翌日以降の活動に活きるものとなりました。(1年 川崎)