明学・大槌町吉里吉里復興支援プログラムブログ

2017年5月30日

2017年 5月活動

 
 風にそよぐ木々の緑も眩しい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


 今回は5月20日、21日で行ないました5月活動で、吉里吉里学園小学部の運動会のお手伝いに参加させて頂いたことと、新年度初の活動でもあり、新入生も参加とのことから吉里吉里の街を歩くと言う活動を行ないましたのでご報告申し上げます。


5月20日(土)
 この日は、吉里吉里学園小学部にて運動会のお手伝いに参加させていただきました。主にビデオカメラでの運動会の撮影と、競技ごとに使用される備品の出し入れ、運動会閉会後の会場の後片付けのお手伝いをさせていただきました。
 晴れやかな空のもと、一生懸命に頑張る子ども達を見ていて私たち学生も元気をいただきました。子ども達の中には、私たちの主な活動の一つでもある「わんぱく広場」に参加してくれている子もいて、元気に声をかけてくれたことがとても嬉しかったです。また、前に会ったときより1個ずつ学年が上がっていて、少しずつ大人に近づいているのを感じ、普段の活動では見られない一面を見ることも出来たのも嬉しく思い、今後の活動を考える機会ともなりました。
 また、後片付けなどを通して子ども達のご両親や先生方と今後関わる事が大事になってくるのではないかという課題点も見えてきました。日頃お世話になっている中、直接お会いする機会が少ないため、しっかりとご挨拶なども出来ていない部分もあるため、今後関わる機会があると良いなという意見も学生から出ました。
 1日を通して学生それぞれが学んだ事、感じたことがあったように思います。とても実りのある時間を過ごさせて頂きました。



5月21日(日)
 この日は新入生も2名参加していたこともあり、新年度初の活動ということで街を歩いてまわろうと言うことで活動をしました。
 今回は吉里吉里の街、浪板海岸、そして吉里吉里カルタに出てくる「不動滝」に徒歩で行きました。すべて徒歩でまわり、今後の活動の中で「吉里吉里マップ」という先輩方がかつて作成していたものをもとに、私たちが改訂版を新しく作成しようとする第一歩として吉里吉里の街の地理を再確認してまわりました。
 また、吉里吉里カルタに出てくる「不動滝」は、先輩方からお話は伺ったことはあったものの、行ったことはなかったため、今回新たな試みとして実際に足を運びました。
 1日中歩き続けた日となりましたが、吉里吉里の自然豊かな街を改めて感じる事が出来、浪板海岸では実際に海を訪れるのが初めての学生もいたため、その美しさに感動したとの声も聞くことができました。「不動滝」では実際に訪れてみるとカルタの絵札で見るよりもやはり迫力があり、足を運ぶ事ができて良かったなと感じました。
 今回初めて吉里吉里の街を訪れた新入生からは自然に囲まれ空気もきれいで、来ることができて良かったとの声を聞くことが出来ました。学生一同改めて豊かな自然や地域の方々のあたたかさに触れる事の出来た時間となりました。



今回の活動も含め私たちはたくさんの方々に支えられて活動を行なうことが出来ています。この場をお借りして感謝申し上げます。今後とも活動へのご協力のほどよろしくお願いいたします。

向暑の折から、くれぐれもご自愛下さい。



法学部法律学科2年 寺西なつみ