明学・大槌町吉里吉里復興支援プログラムブログ

2017年9月5日

2017年 学習支援


活動報告が遅れてしまい申し訳ありません。

夜空に秋の気配を感じますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は、8月2日~4日に吉里吉里学園中等部で行った7~9年生(中学1~3年生)への学習支援の活動について報告します。

8月2日(水)
活動初日は13:00~15:00に7、8年生の学習会に参加しました。
初めて学習会に参加し、中学生との関わり方やどのようにしたら分かりやすく伝わるのかを学んだ一日でした。生徒一人一人の様子を知ることで次の日以降の学習会でより多くのコミュニケーションをとれるのではないかと感じました。

学習会の後は避難経路の確認を行いました。避難経路の確認をしておくことで避難場所への安全な移動ができます。全員で実際に歩いて確認することで、しっかりと緊急時に備えることができました。


8月3日(木)
2日目は、9:30~11:00に9年生、13:00~15:00に7、8年生の学習会を行いました。休憩時間には生徒の方から話しかけてくれたりしたので少し距離が縮まりはじめてうれしかったです。学習面では、初日よりも問題を解くスピードがはやくなっていたりと成長がみられました。私達学生同士でもサポートしあうことができ、よりよい時間が過ごせました。

学習会のあとは「生きた証プロジェクト」の大槌町震災伝承推進室の北田竹美室長にお話を伺いました。「生きた証プロジェクト」では、震災で亡くなられた方の人柄やエピソード、震災時のことを遺族の方にお聞きし、それを本にまとめられたそうです。この本を読んで以前は取材を拒否された方も、お話しようと考えが変わった方もいらっしゃるそうです。町に住む方が主体となってこのプロジェクトが始まったと伺い、町に住む方達の強い団結力を感じられました。この町で生きた一人一人の方の記録を残すとともに前を向いて進んでいくためにこのようなプロジェクトが行われていることを知ることができました。

8月4日(金)
最終日も午前に9年生、午後に7、8年生の学習会に参加しました。最終日は今までの反省を活かし、明るい雰囲気で学習会ができるように心がけました。生徒との距離もだいぶ近づくことができ、勉強面に関しても積極的に進めることができました。少しでも勉強を楽しいと感じてくれたらいいなと思いました。

活動後は特別養護老人ホーム「らふたぁヒルズ」でのお祭りのお手伝いをさせていただきました。新たにそこで出会った方々と接して、子どもとはまた違ったお話を伺うことができました。普段は聞けない文化のお話などを聞くことができ、貴重な時間となりました。



今回の活動を通して、自身が生徒と関わりをもつうちに、人との接し方など私たちが大きく成長することができたと思います。普段は「勉強を教える」という機会がないので、勉強を教えることの大変さを実感することができました。

このたびの貴重な体験は地域の皆様、日々支えてくださっている皆様のおかげです。この場をお借りして心より感謝申し上げます。


法学部法律学科1年 渡辺芽依
法学部消費情報環境法学科1年 山本亜有実