明治学院大学ボランティアセンター  /  センターの活動  /  【活動報告】2014年度ボランティアセンター活動報告会

【活動報告】2014年度ボランティアセンター活動報告会

ボランティアセンター活動報告会が開催されました

去る11月15日(土)に今年度のボランティアセンター活動報告会を開催しました。

昨年度から始まったこの報告会は、ボランティアセンターの学生メンバーが1年間の活動を振り返り、成果や今後の課題について発表する場です。
現在、ボランティアセンターには6つのセクションがあり、学生はそれぞれ所属するセクションで活動しています。日頃はセクションごとに独立してプロジェクトに取組んでいるため、同じボランティアセンターのメンバーでありながら、他のセクションのメンバーがどのようなことをしているのかを直接知る機会がほとんどありませんでした。

今年度は各プロジェクトの発表でその活動内容を知り、その後に行われたワークショップでは、セクションを越えたグループに分かれ、ボランティアセンターの未来等について話をする機会を設けました。
これにより、日頃の活動枠を越えた意見交換が行われ、ボランティアセンター全体の活動をより深く理解し、今後の課題についてお互いの想いを共有することができました。

結果として学生同士のつながりを強くする絶好の場となったことが、報告会の大きな成果ではなかったかと思っています。

また、学長をはじめ、明治学院大学保証人会や外部の方にもお越しいただき、学生メンバーの活躍を知っていただくよい機会となりました。お時間を作って報告会に来ていただいた皆様にこの場を借りて感謝申し上げます。

当日は、各プロジェクトの発表後に投票を行い「最優秀賞」「優秀賞」(2プロジェクト)「オーディエンス賞」を授与しました。
結果は次のとおりです。

最優秀賞:横浜地域

優秀賞:海外プログラム事業部
    SHIP(Social Hub Information Partners)

オーディエンス賞:SHIP(Social Hub Information Partners)

今年度の活動もこれからさらに続いていきます。学生がこの報告会で得たことを活かし、活動の幅を広げていくことを期待しています。


鵜殿学長より開会挨拶


第1部 学生によるプレゼンテーション


第2部 グループに分かれワークショップ
テーマ「経験を語ろう ~私の失敗と成功~」
   「私たちが考えるボラセンの未来」