明治学院大学ボランティアセンター  /  センターの活動  /  【実施報告】「2017年度 ボランティアセンター活動報告会」 &「第2回 学びに基づくボランティア実践プレゼンテーション大会」を開催

【実施報告】「2017年度 ボランティアセンター活動報告会」 &「第2回 学びに基づくボランティア実践プレゼンテーション大会」を開催

11月11日(土)、明治学院大学ボランティアセンターの「2017年度 活動報告会」が、白金キャンパスで開催されました。

この報告会は、本学のボランティアセンターに所属する学生セクションが自分たちの取り組みを報告するもので、毎年開かれています。普段は各セクションに分かれて活動している学生メンバー(※)が一堂に会する貴重な機会となっており、お互いの活動から学び合い、課題を共有しながら繋がりを深めることで、今後の活動に生かしています。

今年は白金・横浜それぞれのキャンパスで活動を続けている9つのセクションが発表しました。学生たちはパワーポイントや写真などを使って説明したほか、会場からの質問にも積極的に答えるなど、会場が一体となった有意義な報告会となりました。

(※)学生メンバー
「ボランティアセンター運営におけるパートナー」。
各セクションの活動に取り組みながら、ボランティアの楽しさを知り、ボランティアを広め、地域・大学・学生同士を結びつける役割を担っています。

活動を報告する学生
復興支援の新しいかたちを探る
他セクションの報告の中に
課題解決のヒントがあるかも
質疑応答も大切な学び
繋がりが生まれます


--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--

また、同日には「学びに基づくボランティア実践プレゼンテーション大会」も開催されました。

この大会は、在学中に大学での学びとボランティア実践を関連付け、学びをより深めた学生に発表の場を提供するもので、下級生に「その経験を共有する」場となっています。

2回目となる今年は、一次審査を通過した3年生以上の明学生6人が発表。自分が実践した様々なボランティアを通じて何を感じ、何を学んだのか、そしてその学びを今後どのように生かしていこうとしているのか、などを持ち時間を使って熱く語りました。
会場では、真剣にメモを取ったり、終了後に発表者の学生に話しかけたりする学生の姿が見られるなど、参加した全ての学生に多くの学びを与える機会になったようです。

プレゼンテーション大会 受賞者発表について

このプレゼンテーション大会は審査員による厳正な審査がおこなわれ、優れた者に、学長賞やボランティアセンター運営委員長賞などが授与されます。
■発表日時:2017年11月15日(水)
     ※ポートへボンにて発表

大学の学びと関連付けた
ボランティア実践とは
自分の経験から得た“学び”を語る 先輩の学びを今後につなげる

お問い合わせ

ボランティアセンター

  • 白金キャンパス 本館1階 TEL 03-5421-5131(月~金 10時~17時)
  • 横浜キャンパス 4号館1階 TEL 045-863-2056(月~金 10時~17時)