海外プログラム

2013年9月15日

カンボジアスタディーツアー 4日目

今回は、カンボジアスタディーツアー4日目の報告をします。

【9/6 ツアー日程4日目】

ツアーも約半分を過ぎ、カンボジアにも割と慣れてきたころ…

この日の訪問先は

■かものはしプロジェクト 

4日目は朝から夕方まで訪問させていただきました!

かものはしプロジェクトは子どもがだまされて売られてしまう問題を解決する取り組みをしているNPO法人です。

まずはかものはしオフィスに向かい、かものはしプロジェクトについてのレクチャーをしていただきました。残念ながら代表の村田早耶香さんにはお会いすることができませんでしたが、副理事長の青木健太さんが迎えてくれました。

かものはしプロジェクトは問題解決のために、子供が変えてしまう状況、子供を売らざるを得ない状況に対し、活動地で3つの取り組みを行っています。

①警察支援   子供を買う人を逮捕
②コミュニティーファクトリーの経営  大人に仕事を、子供に教育を
③ 孤児院支援  売られてしまいそうな子供を保護

お話を伺った後、②のコミュニティーファクトリーへ実際に訪問しました。

貧しく教育を受けていない農村の女性たちは、しっかりとした仕事に就くのは難しいそうです。
農村に仕事がないなら農村に仕事を作ろう!ということで、ファクトリーには村の女性がたくさんいらっしゃいました!
到着して一番に思ったことはみなさんとても明るくいい笑顔! みなさんなかよく仕事していました。
仕事の合間には識字教室も開かれていて、私たちも混ざって参加させていただきました。
算数の計算問題も意外と難しく複雑で、みんな驚きつつも一緒に解いていました。 

そのあとはヤシの葉BOX製作を手伝ってもらいながら体験しました。 
働いているおばちゃんたちに手伝っていただきましたが、さすが!みなさん早業でした!

最後に、働く女性の一般家庭訪問ということでバスに乗り、農村へ移動。
バスの走る道の左右は畑、木、青空、たまに牛といった感じでとてものどかでした。

農村のお宅は暑さをしのぐために、風通しの良い高床式の家が多いそうです。
電気は通っておらず、水も家の横に井戸があるだけ。

売るための鶏が家の周りを歩いており、牛もいるといった感じでした。
実際家の中に入ってみると部屋の仕切りは家財で、壁も所々小さい穴が開いていました。 

話を聞くと、ランク的には貧しいそうです。
しかしみなさん明るく、近所の方たちまで集まってきてくれて、あたたかい雰囲気でした!

実際のお宅はやはり衝撃的なことが多く驚きばかりでしたが、実際に行ってみることでしかわからないことはたくさんあると感じました! 

一日かけてゆっくり体験することができてよかったです!

次は5日目の更新です!お楽しみに!!

国際学部国際学科1年 奈良間歩美