明治学院大学ボランティアセンター  /  センターの活動  /  海外プログラム事業部  /  【書き損じはがき】捨てないで!要らないはがきで、女の子を支援しよう!【募集開始】

【書き損じはがき】捨てないで!要らないはがきで、女の子を支援しよう!【募集開始】

海外プログラム事業部の学生からのよびかけです。

===

こんにちは!
私たちは、ボランティアセンターの学生セクションのひとつ、海外プログラム事業部のGIRLSチームに所属している学生です。海外プログラム事業部は、世界の問題に学生の関心をより向けてもらえるように活動していて、GIRLSチームは、なかでも世界の女性差別問題の啓発活動に取り組んでいます!

いま私たちは、子どもたちとともに、地域の自立をすすめる国際NGO「公益財団法人 プラン・インターナショナル・ジャパン」の“書き損じはがき・未使用はがきキャンペーン2017” に協力しています。
これは、宛名を間違えるなどして使えなくなってしまったはがきなどを集めて換金し、女性差別問題が起こっている地域へ寄付し、支援を行うものです。

一昨年度はニカラグアの女性の職業訓練の支援に焦点を当て30,764枚ものはがきをご提供いただき136万9,246円分、昨年度はネパールの女性の妊娠・出産に関わる医療機器の支援を掲げ、14,862枚のはがきが集まり54万2,249円分の寄付を送ることができました。

今年度は、「プラン一般プロジェクト」の資金として活用されます。たとえば、プラン・インターナショナル・ジャパンは現在ルワンダの差別をなくすジェンダー教育プロジェクトを行っています。ルワンダは国会議員の割合が世界一多い国ですが、まだまだ「暴力は男らしさである」という概念が強く、女性への暴力が許容されやすいのです。学校でも男の子からの暴力が後を絶ちません。その意識改革のため、プラン・インターナショナル・ジャパンはジェンダー平等の教育を推進する活動を行おうとしています。
皆様の支援、寄付によってこの活動が成り立ちます。
書き損じはがきの回収にご協力ください。

明治学院大学内に、はがき回収BOXを設置します。設置期間と場所は、以下の通りです。

書き損じはがきを提供して、途上国支援の第一歩を踏み出そう!

回収BOX設置期間:
 2016年12月19日(月)から2017年1月31日(火)
 受付期間は2月28日(火)までですが、学内での回収BOX設置期間は1月31日(火)までです。 

設置場所:
 横浜キャンパス
  → 図書館、生協食堂、8号館コモンズ8、6号館教員ラウンジ
 白金キャンパス
  → ボランティアセンター前(本館1階)、パレットゾーン1階


 ※回収対象は未投函もしくは未使用の郵便はがきのみです
  (投函済み・消印付のはがきは対象となりません)
 ※郵送で送る際には、はがきを封筒に入れてこちら↓にお願いします(2月28日必着)
   〒244-8539 横浜市戸塚区上倉田町1518 明治学院大学横浜校舎ボランティアセンター宛
 ※名前や住所などの個人情報はできるだけ塗りつぶすなど、個人情報の保護にご協力ください

ぜひ、みなさんの書き損じはがきの寄付をお待ちしております。

海外プログラム事業部とは?

主に横浜キャンパスで活動するボランティアセンター所属セクションの1つ。 Think globally,step forward~世界を変える小さな一歩~というmissionを掲げて幅広く活動しています。 興味のある方はTwitterへDM、又はボランティアセンター横浜までお越しください。

Facebook Page
https://m.facebook.com/mgu.vc.overseas

Twitter @mgvc_kaigai

お問い合わせ先

ボランティアセンター

  • 横浜校舎 4号館1階 TEL 045-863-2056(月~金 10時~17時)