明治学院大学ボランティアセンター  /  【学生からの報告】明治学院大学ボランティアセンターからプレゼンテーション ~熊本復興支援プログラム~

【学生からの報告】明治学院大学ボランティアセンターからプレゼンテーション ~熊本復興支援プログラム~

「明治学院大学ボランティアセンターからプレゼンテーション」

社会学部社会学科 3年 長代
9月16日訪問

熊本学園大学から、災害後の取り組みを教えていただ後に、明治学院ボランティアセンターがどのようなところか、お話ししました。

明治学院ボランティアセンターがどのようなところかについて、市川コーディネーターからは、ボランティアセンターが何を目指しているのか、また学生や地域とともにどのように運営されているのかなどを紹介しました。

明治学院大学ボランティアセンターコーディネーターから「ボランティアセンターが目指しているもの」

明治学院大学のこれまで行ってきたボランティア活動の紹介。画像は東日本大震災に対する復興支援活動を説明している様子

学生からは、4月の震災発生後、どのように熊本支援に取り組んで来たか、東日本大震災の復興支援やキャンパス近隣の活動の紹介もしました。さらに「Wゼミ」という大学の「災害対策の充実」に向け活動を始めた学生からは、いざ首都圏で地震があったときに、私たちは防災に対してどう備え、向き合っていくべきか、といった視点での取り組みについての発表もありました。
熊本学園大学の学生たちの非常に真剣な表情が印象的でした。ボランティアに対する熱い思いが溢れ出ているようで、話しているこちらも身の引き締まる思いがしました。両大学の交流がこれからも長く続き、合同でボランティアに取り組む機会が増えていけば良いなと思っています。

【活動報告】熊本復興支援プログラムへ戻る

平成28年熊本地震 ボランティアセンターの取り組み