明治学院大学ボランティアセンター  /  明学生による「熊本復興支援」報告会 熊本から私たちへのメッセージ

明学生による「熊本復興支援」報告会 熊本から私たちへのメッセージ

明治学院大学ボランティアセンター及び学生有志による九州のための緊急支援チーム「SET( Student Emergency Team for Kyushu)」は、平成28年熊本地震の発生後、
・緊急支援としての募金活動
・障がいのある方の自立支援としてのクッキー販売
・熊本学園大学ボランティアセンター(現準備室)の立ち上げ支援
  などに取り組んできました。

今年9月、防災・減災活動や東日本大震災の復興支援活動、近隣での地域活動を続けてきた学生や、熊本出身の学生などあわせて6名が熊本を訪問。現地の支援活動を視察するなど様々な活動に取り組みました。
学生たちは現地で何を体験し、何を考えたのか。
彼らのレポートをもとに、「熊本に向けて、私たちに何ができるか」を、一緒に考えてみませんか。

◆学生によるレポートのトピック◆

・被災した熊本の様子について
・熊本で今、求められていること
・障がいのある方の震災体験
・熊本における災害対応から、何を学ぶか
・熊本学園大学の学生と活動
・明治学院大学と熊本のこれから

明学生による「熊本復興支援」報告会 熊本から私たちへのメッセージ

広く知っていただきたく両キャンパスで開催します。

【白金キャンパス】

 ■開催日時:2016年10月11日(火)昼休み(12:30~13:15)
 ■開催場所:本館 1254教室
 ■申し込み不要です。直接会場にお越しください。

【横浜キャンパス】

 ■開催日時:2016年10月13日(木)昼休み(12:30~13:15)
 ■開催場所:9号館 921教室
 ■申し込み不要です。直接会場にお越しください。

     

報告会チラシ(pdf)

平成28年熊本地震 ボランティアセンターの取り組み