• HOME
  • 芸科生の活動
  • 大学院生の活動
  • 卒業論文
  • イベント/お知らせ
  • 学科紹介
  • 大学院研究科
  • 教員紹介

学科紹介

芸術の意味や役割を人々に伝える人材育成が目的です。

美術史学系列

美術の歴史を学び、現代の美術にふれ、社会と文化の関係を読み解きます。 シラバスはこちらから

概要

 西洋、東洋、日本の美術史の教育を行っています。
 第一に、各領域の現在の学術的水準を学び、高度な専門性をめざしていく志を養います。
 第二に、美術史の対象は高級芸術だけではなく、人類がこれまで生み出してきたあらゆる視覚文化が含まれるという柔軟な見方を身につけることです。そうしておけば卒業後に専門的な職業に就かないとしても、聡明な生活者として、身の回りのさまざまな視覚情報を構造的に解読する力を発揮することができるでしょう。

美術史学系列からのメッセージ

 西洋、東洋、日本の美術史について勉強しますが、これが美術史という範囲が決まっているわけではありません。
 たとえば、あなたが街角のポスターを見て、そのイメージについて何かを考えて書いてみれば、それも「未来の美術史」の一部になります。
 本学科で学び、研究者や美術館の学芸員をめざすのも良し、生活の中にあふれる視覚イメージの解読を美術史の知識を駆使して試みてみるのも良し、多くの可能性があなたを待っています。

美術史学系列専門科目

科目名 年次
西洋美術通史 1年次
日本・東洋美術通史 1年次
デッサン 2年次
西洋美術史資料講読1・2 2年次
日本東洋美術史資料講読 2年次
西洋美術史研究1・2 3年次
日本・東洋美術史研究 3年次
西洋美術史演習1・2 3年次
日本・東洋美術史演習 3年次
現代美術論 3年次
美術史の理論と方法 3年次
西洋美術史特講 3年次
日本美術史特講1 3年次
日本美術史特講2 3年次
西洋中世・近世美術史 3年次
日本近代美術史 3年次
卒業論文 4年次
卒論ゼミナール 4年次

共通科目・学芸員科目

 各系列の専門科目以外にも多様なカリキュラムが用意され、芸術に対する造詣を深めることができます。

page top pagetop