• HOME
  • 芸科生の活動
  • 大学院生の活動
  • 卒業論文
  • イベント/お知らせ
  • 学科紹介
  • 大学院研究科
  • 教員紹介

学科紹介

芸術の意味や役割を人々に伝える人材育成が目的です。

音楽学系列

音楽を知り、音楽について語ることを知るための方法を学ぶ。 シラバスはこちらから

概要

 音楽はヨーロッパ文化の最も重要な基礎学のひとつです。本学科の音楽学系列ではこうした伝統をふまえ、音楽理論や分析法など、音楽の基礎となる手段の習得を重視しています。
 英語だけでなく、ドイツ語またはフランス語も積極的に学び、欧米の文献を読みこなすことによって、国際的視野で世界の音楽と文化について自由に考察することができる人材育成をめざします。
 西洋音楽史のみならず、日本・東洋音楽史や民族音楽学の科目も充実しています。

音楽学系列からのメッセージ

 現代社会に満ちあふれている音楽は、現代社会を知る上での重要なキーワードです。現代における音楽の材料を歴史と理論を縦軸と横軸に据えながら、映像芸術、美術史学の関連において多角的に考察することを学んでいきます。
 その中心には、中世から現代に至る西洋音楽の変遷を理解することがあげられますが、日本や東洋、世界各地の民族音楽やポピュラー音楽についても知ることができます。自分なりの音楽世界の構築をめざしてください。

音楽学系列専門科目

科目名 年次
西洋音楽通史 1年次
音楽理論演習1・2 1年次
音楽概論 1年次
音楽学基礎演習 2年次
原書演習 2年次
音楽理論特別演習 2年次
音響表現論演習 2年次
音楽学研究1・2 3年次
音楽分析演習 3年次
音楽学特講1 3年次
音楽学特講2 3年次
音楽学特講3 3年次
音楽学特講4 3年次
音楽学特講5 3年次
音楽学特講6 3年次
音楽学特講7 3年次
楽書演習 3年次
卒業論文 4年次
卒論ゼミナール 4年次

共通科目・学芸員科目

 各系列の専門科目以外にも多様なカリキュラムが用意され、芸術に対する造詣を深めることができます。

page top pagetop