• HOME
  • 芸科生の活動
  • 大学院生の活動
  • 卒業論文
  • イベント/お知らせ
  • 学科紹介
  • 大学院研究科
  • 教員紹介

イベント/お知らせ

2013年度

鈴木杜幾子企画 『西洋美術:作家・表象・研究 ―ジェンダー論の視座から』

<日時>

2014年2月22日(土)10時〜18時

<場所>

明治学院大学白金校舎2号館2301教室

 明治学院大学を定年退職するにあたり、私自身を含めた話者+聴衆の皆様による表題のラウンド・テーブルを開催させていただくことになりました。
 話者としてご参加いただく方々は、これまで研究者仲間として身近に接し、またこの催しのテーマ(伝統的な意味での「美術史学」の相対化を通じての新しい視座の追究)についてご関心がおありと思われる方々〜残念ながらごく一部に絞らせていただかざるを得ませんでしたが〜です。
 およその構成は、午前前半が20世紀から現代の欧米、午前後半から午後の前半が、欧米外に深く関わっている問題(ジャポニスム/いわゆる「西洋美術史」に入れられていない現代ギリシャ/韓国の西洋美術史研究事情)、午後後半でヨーロッパ近代の最初期に戻る、ということになるでしょうか。今回は私が話者の方々それぞれに、現在何を考えていらっしゃるかを伺いたいと思って立案した企画ですので、まとまりをつけるのがあるいは難しいかもしれません。しかしながらこのラウンド・テーブルを通じて、話者と聴衆の皆様に今後のお仕事への何らかのヒントを得ていただければ、これに勝るよろこびはございません。

<スケジュール>

10:00 開会の辞

10:10 河本真理
『コラージュ/女性/戦争―第一次世界大戦を巡って』

10:40 天野知香
『モダニズムを差異化する―アイリーン・グレイについて』

〜休憩〜

11:15 田中正之
『異装と主体をめぐって:デュシャンとウォーホル』

11:45 岡部あおみ
『カラード・ウイメン・アーティストの苦悩とストラテジー』

12:15 馬渕明子
『ジャポニスムにおける女性の表象』

〜昼休憩〜

13:55 木戸雅子
『現代美術におけるギリシャ人の女性作家』

14:25 鐸木道剛
『女性画家としての山下りん』

14:55 金惠信
『韓国の西洋美術史研究―大学美術史学科の歩み』

〜休憩〜

15:30 鈴木杜幾子
『ダヴィッドと女性画家』

16:00 太田泰人
『ジェリコーにおける男性性/女性性の問題』

16:50 ディスカッション

司会進行:大原まゆみ

主催:明治学院大学文学部芸術学科

<アクセス>

都営浅草線「高輪台」駅、南北線「白金台」駅下車徒歩7分
JR「目黒」駅、「品川」駅より都バス(品93系統)で5分
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/(キャンパス案内)

<お問い合わせ>

明治学院大学芸術学科共同研究室 03-5421-5380
http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/

[掲載日 : 2013-12-17 (Tue)]

page top pagetop

明治学院大学芸術学科講演会「印象派のフィギュア? ードガの《14歳の小さな踊子》の位置」

開催日:2014年1月11日(土)
開場:14:00
開演:14:30(16:30閉会予定)
会場:明治学院大学白金校舎2301教室
※入場無料、事前申込不要

講師:喜多崎 親(成城大学教授/西洋近代美術史)

<講義概要>

1881年、パリで開かれたいわゆる第6回印象派展に、エドガー・ドガ(1834〜1917)は《14歳の小さな踊子》と題する彫刻を出品した。題材は、それ以前からドガが力を入れていたバレリーナである。ふつう彫刻は石やブロンズで作られ、色も素材のままだが、その作品は、蝋で作られ、色を塗られ、髪を植えられ、衣装を着せられ、まさに蝋人形のようだった。果たしてドガは究極のレアリスムとして、美術としては認められていなかった蝋人形という形式を選択したのだろうか。

<講師紹介>

成城大学教授。早稲田大学大学院博士課程中退。博士(文学)。国立西洋美術館主任研究官、一橋大学大学院教授などを経て現職。専門は19世紀フランス美術史。
著書に『聖性の転位 一九世紀フランスに於ける宗教画の変貌』(三元社)、『岩波 西洋美術用語辞典』(益田朋幸と共編著、岩波書店)など。主な展覧会企画に『ギュスターヴ・モロー展』(1995年、国立西洋美術館)、『ウィンスロップ・コレクション』(2002年、国立西洋美術館)。

主催:明治学院大学文学部芸術学科

<アクセス>

都営浅草線「高輪台」駅、南北線「白金台」駅下車徒歩7分
JR「目黒」駅、「品川」駅より都バス(品93系統)で5分
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/(キャンパス案内)

<お問い合わせ>

明治学院大学芸術学科共同研究室 03-5421-5380
http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/

[掲載日 : 2013-11-28 (Thu)]

page top pagetop

「五線譜に描いた夢 ─ 日本近代音楽の150年」

現在オペラシティアートギャラリーで開催中の「五線譜に描いた夢 ─ 日本近代音楽の150年」を、皇后様がご鑑賞され、芸術学科音楽系列教授 樋口隆一が会場をご案内しました。
http://www.operacity.jp/topics/detail.php?id=167

[掲載日 : 2013-12-20 (Fri)]

page top pagetop

明治学院大学国際シンポジウム「演劇の核とは何か――ポストドラマ演劇と日本演劇」

<日時>

2013年12月14日(土)
9:30開場
10:00〜17:30

<場所>

明治学院大学白金キャンパス2号館2301教室

入場無料・予約不要

<内容紹介>

 フランクフルト大学名誉教授ハンス=ティース・レーマン氏は、世界の現代演劇研究の第一人者である。1999年に刊行されたレーマン氏の『ポストドラマ演劇』は、現在20ヶ国で翻訳され、1970年代以後の世界の新しい舞台現象を、多様な角度から鋭く分析し、考察した現代演劇研究の最重要書の一つである。
 そこでは、現代演劇の変容が、ドラマ(戯曲)中心ではなく、上演(パフォーマンス性)の観点から、豊かな実践例を踏まえ捉え直されている。また同時に、ギリシャ悲劇などのプレドラマ演劇とポストドラマ演劇は多くの点で共通するものを持ち、さらには欧米以外の固有の伝統を持つ様々な演劇文化に対して、ポストドラマ的な側面を持つものとして考察されている。
 今回の国際シンポジウムでは、レーマン氏の特別講演を軸に、「ポストドラマ演劇」の視座を活かしながら、日本の能、歌舞伎などの伝統演劇、プレドラマ演劇の持つ意味、可能性、また明治以後の近代劇、ドラマ演劇の移入に伴う「伝統と近代」の断絶の問題、そして、60年代末のアングラ・小劇場の運動の中での両者の交流の試みなどが射程に入れられ、捉え返される。その中で、日本の近、現代の演劇の歴史、水脈が多面的に対象化され、今、「演劇の核とは何か」というアクチュアルな課題が問い直される。

<スケジュール>

10:00〜10:10 開会の辞 岡本章(演出家・本学教授)

第1部 日本の近代演劇(新劇)誕生とその矛盾

10:10〜10:50 「ポストドラマ演劇の出自と位相――問題提起とシンポジウムの意図」
谷川道子(東京外国語大学名誉教授)

10:50〜11:30 「日本のプレドラマ演劇とポストドラマ演劇――能を中心として」
岡本章

11:30〜12:00 「日本はいまだ近代演技にあらず――歌舞伎から新劇への連続と断絶」
笹山敬輔(日本近代演劇研究家)

12:00〜13:00 昼休み

第2部

13:00〜14:30 特別講演
「プレドラマ演劇とポストドラマ演劇」
 ハンス=ティース・レーマン(フランクフルト大学名誉教授)
 通訳・上田浩二(獨協大学特任教授)

14:30〜14:45 休憩

第3部 新劇からの変容としての日本のポストドラマ演劇

14:45〜15:15 「アングラ演劇における“土着的なるもの”をめぐって」
梅山いつき(日本学術振興会特別研究員PD)

15:15〜15:45 「ポストドラマ演劇と日本演劇を〈つなぐ〉――アヴァンギャルドを軸として」
西堂行人(演劇評論家・近畿大学教授)

15:45〜16:15 「ポストドラマ演劇としての黒テント」
佐藤信(黒テント演出家/座・高円寺芸術監督)

16:15〜16:30 休憩

第4部

16:30〜17:30 パネルディスカッション
「ポストドラマ演劇と日本演劇」
登壇者・レーマン、岡本章、佐藤信、谷川道子、(司会)西堂行人

17:30 閉会の辞

<主催>

明治学院大学言語文化研究所・文学部芸術学科

<アクセス>

都営浅草線「高輪台」駅、南北線「白金台」駅下車徒歩7分
JR「目黒」駅、「品川」駅より都バス(品93系統)で5分
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/(キャンパス案内)

<お問い合わせ>

明治学院大学芸術学科共同研究室 03-5421-5380
http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/

[掲載日 : 2013-11-11 (Mon)]

page top pagetop

明治学院創立150周年記念 よみがえる いにしえのアイリッシュ・ハープ〜最後のアイリッシュ・ハープ奏者パトリック・バーン没後150周年記念 レクチャーコンサート〜

日時:11月24日(日)13時30分開場 14時開演
場所:明治学院大学 白金キャンパス パレットゾーン内アートホール(正門から入って一番奥(北側)の建物が生協や学食が入っているパレットゾーンです。二階の奥にアートホールがございます)。

<内容紹介>

 金属弦が張られたアイリッシュ・ハープは、1000年前の11世紀頃からアイルランドで演奏されつづけていました。
 しかし19世紀後半、最後のアイリッシュ・ハープ奏者パトリック・バーンの死により、この楽器は歴史の表舞台から姿を消すことになります。
 その後、ながらく忘れられた楽器となりましたが、20世紀後半から復興運動がおこり、演奏されるようになりました。
 今回はバーンの没後150周年を記念し、華々しくよみがえった金属弦アイリッシュ・ハープの世界をお話と演奏によって紹介します。

第一部 講演

最後のアイリッシュ・ハープ奏者パトリック・バーン

第二部 演奏

よみがえる いにしえの響き〜真鋳弦アイリッシュ・ハープコンサート〜

出演:寺本圭佑(講演、演奏)

京都市出身のアイリッシュ・ハープ奏者、研究家、教師。
専門は18世紀以前のアイルランドにおけるハープ音楽。
千年の歴史を持ちながら19世紀末に姿を消した幻の楽器「金属弦アイリッシュ・ハープ」の復興運動に献身。
演奏会や講演、ワークショップを通して、全国で普及活動を展開。
博士論文『18世紀アイルランドのハープ音楽』で芸術学博士(明治学院大学)。
明治学院大学文学部芸術学科非常勤講師(音楽学)。
今年金属弦ハープソロCD『ワイルドギース』を発表。iTunesでも販売中。
横浜市に日本画家の妻と猫と在住。詳しくは「寺本 ハープ」で検索。

演奏予定曲目

Da mihi manum
Eileen A Ruin
Wild Geese
Celia Connellan
O' Flynn
The Blackthorn 他

問い合わせ先: queenmaryharp@gmail.com(寺本)

主催:明治学院大学芸術学科

入場無料、予約不要 直接会場にお越しください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
所在地:〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37
アクセス:
◆白金台駅 東京メトロ南北線 都営地下鉄三田線 2番出口徒歩約7分
◆白金高輪駅 東京メトロ南北線 都営地下鉄三田線 1番出口徒歩約7分
◆高輪台駅 都営地下鉄浅草線 A2番出口徒歩約7分

[掲載日 : 2013-10-25 (Fri)]

page top pagetop

【中止】明治学院大学芸術学科講演会「印象派のフィギュア? ードガの《14歳の小さな踊子》の位置」

«下記イベントは台風27号、28号のため中止とさせていただきます»

開催日:2013年10月26日(土)
開場:14:00
開演:14:30(16:30閉会予定)
会場:明治学院大学白金校舎2301教室
※入場無料、事前申込不要

講師:喜多崎 親(成城大学教授/西洋近代美術史)

<講義概要>

1881年、パリで開かれたいわゆる第6回印象派展に、エドガー・ドガ(1834〜1917)は《14歳の小さな踊子》と題する彫刻を出品した。題材は、それ以前からドガが力を入れていたバレリーナである。ふつう彫刻は石やブロンズで作られ、色も素材のままだが、その作品は、蝋で作られ、色を塗られ、髪を植えられ、衣装を着せられ、まさに蝋人形のようだった。果たしてドガは究極のレアリスムとして、美術としては認められていなかった蝋人形という形式を選択したのだろうか。

<講師紹介>

成城大学教授。早稲田大学大学院博士課程中退。博士(文学)。国立西洋美術館主任研究官、一橋大学大学院教授などを経て現職。専門は19世紀フランス美術史。
著書に『聖性の転位 一九世紀フランスに於ける宗教画の変貌』(三元社)、『岩波 西洋美術用語辞典』(益田朋幸と共編著、岩波書店)など。主な展覧会企画に『ギュスターヴ・モロー展』(1995年、国立西洋美術館)、『ウィンスロップ・コレクション』(2002年、国立西洋美術館)。

主催:明治学院大学文学部芸術学科

<アクセス>

都営浅草線「高輪台」駅、南北線「白金台」駅下車徒歩7分
JR「目黒」駅、「品川」駅より都バス(品93系統)で5分
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/(キャンパス案内)

<お問い合わせ>

明治学院大学芸術学科共同研究室 03-5421-5380
http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/

[掲載日 : 2013-10-11 (Fri)]

page top pagetop

創立150周年記念特別講演会「激動の世界における日本の転換点4」 第1回講演

芸術学科音楽系列教授、樋口隆一による講演(創立150周年記念特別講演会「激動の世界における日本の転換点4」 第1回講演)の報告がアップされました。
http://www.meijigakuin.jp/information/#20131001

[掲載日 : 2013-10-07 (Mon)]

page top pagetop

樋口隆一インタビュー記事

ドイツ学術交換会(DAAD)のサイト(VIP Galerie)に芸術学科音楽系列教授樋口隆一のインタビュー記事が掲載されました。
ドイツ留学時代のお仕事と、近況が語られています。
https://www.daad.de/alumni/netzwerke/vip-galerie/adm/23680.en.html

[掲載日 : 2013-05-31 (Fri)]

page top pagetop

「編集部注目の大学・大学院レポート」

「日経大学・大学院ガイド」に本学芸術学専攻が「編集部注目の大学・大学院レポート」として紹介されました。詳細は以下をご覧ください。
*掲載ページは120ページです。「芸術学専攻主任」で検索すると該当ページがすぐに閲覧できます。
日経BPムック 日経大学・大学院ガイド 2013年 入門編

[掲載日 : 2013-05-07 (Tue)]

page top pagetop

芸術学科准教授 望月京寄稿

4月25日付け読売新聞朝刊に芸術学科准教授 望月京の寄稿が掲載されました。詳細は以下をご覧ください。
4月25日付け読売新聞朝刊(PDFファイル)

[掲載日 : 2013-05-07 (Tue)]

page top pagetop

明治学院大学芸術学科講演会/日本アルバン・ベルク協会特別例会 「Imaginary Landscape - サー・ハリソン・バートウィスルの音楽」

開催日:2013年5月21日(火)
開演 :19:00 (18:30開場)
会場 :明治学院大学白金校舎 パレットゾーン2F アートホール

講師:サー・ハリソン・バートウィスル(作曲家)
モデレーター:岡部真一郎(明治学院大学教授/日本近代音楽館副館長/日本アルバン・ベルク協会事務局長)
演奏:野田清隆(ピアニスト/東京学芸大学准教授)
通訳:なかにしあかね(作曲家/宮城学院女子大学教授)

※入場無料、事前予約不要

趣旨:

サー・ハリソン・バートウィスル(1934〜)は、現代英国を代表する大家、同時代音楽界の巨匠です。79歳の誕生日を迎える今年の夏、代表作の一つであるオペラ《ガウェイン》がザルツブルク音楽祭で上演されるなど、国際的な名声は、今や、さらに高まりつつあります。
東京オペラシティ文化財団の同時代音楽祭「コンポージアム2013」のために十数年ぶりに来日するバートウィスルを白金台のキャンパスに迎え、独自の音楽の宇宙についてお話を伺います。
また、密度の高い超難曲としても知られるピアノ曲《ハリソンの時計》からの抜粋を、古典のみならず同時代の音楽にも積極的に取り組んでいる気鋭のピアニスト、野田清隆の演奏でお聴きいただきます。

主催:日本アルバン・ベルク協会/明治学院大学文学部芸術学科
協力:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
後援:ブリティッシュ・カウンシル

<アクセス>

都営浅草線「高輪台」駅、南北線「白金台」駅下車徒歩7分
JR「目黒」駅、「品川」駅より都バス(品93系統)で5分
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/(キャンパス案内)

<お問い合わせ>

明治学院大学芸術学科共同研究室 03-5421-5380
http://www.meijigakuin.ac.jp/~art/

[掲載日 : 2013-04-23 (Tue)]

page top pagetop

書籍情報

芸術学科音楽系列教授 樋口隆一の著書が発売中です。詳細は以下をご覧ください。
『バッハの人生とカンタータ』(春秋社)
シューハルト著 樋口隆一他訳『このくちづけを世界のすべてに ベートーヴェンの危機からの創造的飛躍』

芸術学科映像系列准教授 門間貴志の新著『朝鮮民主主義人民共和国 映画史――建国から現在までの全記録』が発売されます。詳細は以下をご覧ください。
『朝鮮民主主義人民共和国 映画史』

芸術学科美術史系列教授 山下裕二が編集委員を務めた『日本美術全集』が発売されます。詳細は以下をご覧ください。
『日本美術全集』

[掲載日 : 2013-04-08 (Mon)]

page top pagetop