• HOME
  • 芸科生の活動
  • 大学院生の活動
  • 卒業論文
  • イベント/お知らせ
  • 学科紹介
  • 大学院研究科
  • 教員紹介

教員紹介

プロフィール、授業のこと、最近の著作、研究室だより。

樋口 隆一 ひぐち りゅういち

プロフィール

 1946年東京生まれ。

 専門領域はバッハとシェーンベルクを中心とする西洋音楽史。音楽学研究、指揮、音楽評論と、幅広く活躍している。

 チェロを廣田幸夫、作曲理論を池辺晋一郎、指揮法を岡部守弘に師事。慶應義塾大学大学院博士課程中退。ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生としてドイツ留学。テュービンゲン大学にて音楽学をゲオルク・フォン・ダーデルセン、指揮法をアレクサンダー・スムスキーに師事。

 シュトゥットガルト聖マリア教会代理合唱長、ゲッティンゲン・バッハ研究所客員研究員を歴任。「新バッハ全集」における教会カンタータ(第1編第34巻)校訂の業績により、テュービンゲン大学哲学博士(音楽学)。現在は、明治学院大学芸術学科教授。音楽文献目録委員会委員長。日本アルバンベルク協会常任理事。DAAD友の会会長。

 第3回京都音楽賞評論研究部門賞、第2回辻荘一賞受賞。『バッハ』(新潮文庫)、『バッハ・カンタータ研究』(音楽之友社)、『バッハ探究』(春秋社)、『バッハの四季』(平凡社ライブラリー)、『バッハから広がる世界』(春秋社)など著書多数。アーノンクール著『古楽とは何か』(共訳)も大きな反響を呼んだ。

 ザールブリュッケン国際バッハ・ピアノコンクール名誉評議員、第2回パリ国際オルガンコンクール審査員、ウィーン大学音楽学研究所、ウィーン・シェーンベルク・センター客員研究員として国際的に活躍。現在は国際音楽学会副会長。

 1994年10月、日本合唱協会第90回定期演奏会でバッハのカンタータを指揮して以来、指揮活動も再開、現在は明治学院バッハ・アカデミー芸術監督として活躍している。2006年6月には同合唱団を率いてライプツィヒ国際バッハ音楽祭に出演して大成功。《マタイ受難曲》初期稿の世界初CD化など、バッハやベートーヴェンの多数のCDは高い評価を得ている。

 2002年3月、長年にわたる研究、指揮、評論活動に対して、オーストリア学術芸術功労十字章が授与された。

樋口 隆一

page top pagetop