• HOME
  • 芸科生の活動
  • 大学院生の活動
  • 卒業論文
  • イベント/お知らせ
  • 学科紹介
  • 大学院研究科
  • 教員紹介

教員紹介

プロフィール、授業のこと、最近の著作、研究室だより。

和田 ちはる わだ ちはる

プロフィール

 横浜生まれ。東京藝術大学音楽学部楽理科、同大学大学院音楽研究科修士課程を経て、2010年3月、博士後期課程(音楽学)修了(Ph.D)。専門は作曲家ハンス・アイスラーと20世紀ドイツ音楽史、特に旧東ドイツの音楽文化。

 子供のころから音楽が好きで、ピアノのほか、小学校ではマーチングバンドでコルネットを吹き、中学高校ではオーケストラでヴァイオリンを弾いていました。でも当時は音楽について「研究」をすることになるなんて考えたこともありません。高校を出て最初の進学先は北里大学薬学部、卒業後は調剤薬局で1年間働きました。その後、音楽大学というものに通ってみたくて、あまり深く考えもせずもう一度大学生になったところ、興味深いものにたくさん出会い、そのまま現在に至っています。

 大学での「勉強」や「研究」は高校まで以上に、「おもしろい」「もっと知りたい」と思うことと結びついているべきなのではないかと思います。現在、西洋音楽通史の授業を担当していますが、ここではそのような各自の関心の糸口となれることを願って、有名な作曲家や作品をたどることよりも、知らない音楽と出会うことや、いろいろな角度から音楽の歴史を眺めることに重点を置いた講義を心がけています。外国語の文献を読む授業でも、基本的な姿勢は同じです。理解できる言語が多ければ、それだけ多くの情報に接することができるからです。

 3年生以上の学生を対象とした授業では、その「おもしろい」を言葉で適切に他人に伝えるために必要なことを、実践を通して学んでいきます。実際、音楽について言葉で説明するのはとても難しいことです。でも、それを言葉にする過程で初めて気づくこともあります。このような演習が、言葉で言い表しえないものを型にはめるための場ではなく、思考錯誤の末にいろいろな発見をする機会となることを願っています。

和田 ちはる

page top pagetop