明治学院大学言語文化研究所

言語文化研究所とは
紀要「言語文化」
講演会
読書会
蔵書


紀要「言語文化」



<<前のページへ戻る



言語文化28号 (2011年3月)

言語文化28号をPDFファイルでご覧いただけます。



●特集:デューラー受容史500年(シンポジウム)
緒言
第一部:近世
佐藤直樹 総論:「宗教・肖像・自然」からみたデューラー受容
下村耕史
デューラー的身体の受容―<アダムとイヴ>図を中心に―
平川佳世
幻の名画を求めて
― 十六、十七世紀におけるデューラー素描の絵画化―
秋山聰
発展的コメント:前近代におけるデューラー受容
第二部:近現代
大原まゆみ
総論:近現代のデューラー受容
尾関幸
ナザレ派におけるデューラー受容
―エドワルト・フォン・シュタインレ《絵画芸術の寓意》を中心に―
新藤淳
映画の時代が見出した黒線の「リズム」
―パノフスキーにおける映画論とデューラー論の交叉
田中淳
発展的コメント:日本近代美術におけるデューラー受容

ディスカッション
鈴木杜幾子
デューラー作《四人の使徒》の模写について

特集執筆者紹介


インタビュー
武智歌舞伎回顧 ―坂田藤十郎氏に聞く
四方田犬彦
映画監督 武智鉄二
ジョン・エルウィス
訳:加藤拓未

DOWLAND’S LACHRIMAE ダウランドの《ラクリメ》
張承志
敢えて四十年の初心を抱えて ―日本においての講演―
工藤進
訳:生田康夫

「幻影の人」西脇順三郎の<ギリシア語漢語比較>
生田康夫
ホメーロスの声
訳:富山英俊
/Michael Pronko

Miyazawa Kenji: Poems from "In Sickness" and Some Others

編集後記