明治学院大学言語文化研究御

言語文化研究所とは
紀要「言語文化」
講演会
読書会
蔵書


紀要「言語文化」



<<前のページへ戻る



言語文化29号 (2012年3月)

言語文化29号をPDFファイルでご覧いただけます。

●特集:近代日本と西洋音楽
樋口隆一 近代日本の洋楽受容
手代木俊一
ヘボン塾と明治の讃美歌
岩田ななつ
島崎藤村と西洋音楽
―付・新資料藤村原稿「耳の世界」(明治学院大学図書館所蔵)紹介
岡部真一郎
日本の洋楽の現在と未来
―その来し方行く末を通して見る日本の作曲界
久保絵里麻
鈴木鎮一と日本のヴァイオリン教育
林淑姫
「日本の二十世紀音楽」断章
―瀧廉太郎から武満徹まで

生田 康夫
『イーリアス』における身体

編集後記

●特集:西洋美術とジェンダー ―視ることの制度
鈴木杜幾子
趣旨
新保淳乃
貧者像のジェンダー
―近世イタリアの救貧主義と貧者像の変容
米村典子
「偉大さ」と女性芸術家の神話
吉田典子
オランピア、ナナ、そして永遠の女性
―マネ、ゾラ、セザンヌにおける絵の中の女の眼差し
馬渕明子
午前コメント
味岡京子
教会装飾と女性芸術家
―両大戦間期を中心としたフランスにおける宗教、植民地主義、モダニズムとの関わりの中で
香川檀
現代美術における〈蒐集〉の技法とジェンダー
―コレクションの主観性/作家性
中嶋泉
日本戦後美術のジェンダーを考える
天野知香
午後コメント

ディスカッション

著者紹介