明治学院大学言語文化研究御

言語文化研究所とは
紀要「言語文化」
講演会
読書会
蔵書


紀要「言語文化」



<<前のページへ戻る



言語文化31号 (2014年3月)

言語文化31号をPDFファイルでご覧いただけます。

●特集:1960〜70年代日本映画と世界――どのように見られ、語られたか
緒言
平沢 剛
世界における1960〜70年代日本映画の批評、 受容、研究をめぐって
マイケル・レイン
『何の、そして誰のために』――戦後英国における日本映画の受容の再考察
マリオ・ピエドラ
1960年代から70年代のキューバにおける 日本映画の存在と受容
マチュー・カペル
シンクロ/非シンクロ、あるいは六〇年代における 日本映画とフランス映画評論とのすれちがい
ジュリアン・ロス
「もうヨーロッパに何も期待しなくていいんだ」 日本の非商業映画・実験映画ヨーロッパ公開史
アン・ニ
1960年代、70年代の日本映画と 80年代の中国文化空間
キム・ソンウク
禁止と抵抗――大島渚という運動体への問いかけ
ニコル・ブルネーズ
十二の「小さなヴェトナム」――反ニュース映画史における足立正生と若松孝二
足立 正生
世界同時的な新しい映画作りへの模索――足立正生監督講演


エリカ・シューハルト
通訳:樋口隆一

ベート−ヴェン 危機からの創造的飛躍
エルンスト・ヘルトリヒ
訳:小林幸子

ベートーヴェンと宗教
小林幸子
ワーグナー資料の収集家メアリー・バレルとバレル・コレクション
森本美恵子/末永理恵子
ルネ・シュメー編曲「春の海」をめぐって
生田康夫
「笑い」から見たホメーロス

編集後記
Tomiyama Hidetoshi
Miyazawa Kenji and Gary Snyder ?An Encounter of Similar Poetics?