明治学院大学言語文化研究御

言語文化研究所とは
紀要「言語文化」
講演会
読書会
蔵書


紀要「言語文化」



<<前のページへ戻る



言語文化32号 (2015年3月)

言語文化32号をPDFファイルでご覧いただけます。

●特集:プルーストと二十世紀
湯沢英彦 特集「プルーストと二十世紀」をめぐって――その他いくつかの考察とともに

コロック プルーストと20世紀
齊藤哲也
時の黄金を求めて――ブルトンとプルースト
武田はるか
声の在処、作品のかたち――プルーストとベケット
塚本昌則
まどろみの詩学――プルーストとヴァレリーにおける夢
澤田直
他者の現象学――プルーストを読むサルトル
岩野卓司
プルーストと供犠――バタイユ流『失われた時を求めて』の解釈について
合田正人
マルセル・プルーストとシャルル・ルヌヴィエ
吉川佳英子
『失われた時を求めて』のスワンとオデットの結婚をめぐって―― フーコーの理論を援用しながら結婚の意味を探る
湯沢英彦
『<記憶>という歓び――ミッシェル・レーモン先生に捧げて
石川美子
プルースト的<小説>の夢――ロラン・バルト
野崎歓
大いなる遺産――プルーストと現代フランス小説


日本映画オーラル・ヒストリー・プロジェクト
第一回「田口寧」
小林幸子
ワーグナーの≪ロイバルト≫WWV1とベートーヴェン
ジョン・エルウィス/加藤拓未・訳
レクチャーコンサート「思い出のベンジャミン・ブリテン」

ワイマール音楽大学+芸術学科交流講演2014
樋口隆一 はじめに
カイ・シャプラーム/長島史恵・訳
「音楽の起源と発展について」 ――1600年以前の音楽史記述における諸問題
ベネディクト・シューベルト/阿久津三香子・訳
ごらんよ―どこを―われらの罪を 《マタイ受難曲》BWV244冒頭合唱の形式と内容への考察
カイ・シャプラーム/昇拓哉・訳
統一という構想――18,19世紀交響曲の循環理論についての考察
生田康夫
ホメーロスにおける「思い出」

編集後記