明治学院大学言語文化研究御

言語文化研究所とは
紀要「言語文化」
講演会
読書会
蔵書


紀要「言語文化」



<<前のページへ戻る



言語文化33号 (2016年3月)

言語文化33号をPDFファイルでご覧いただけます。

●特集:創造・伝達・記憶の場としての版画
保井亜弓/大原まゆみ 緒言
保井亜弓
総論 ドイツ版画の諸相――その始まりから近世まで
池田真弓
『健康の庭』――本草挿絵の諸問題について
岩谷秋美
ドイツ・ルネサンスにおける皇帝権の表象――木版画《皇帝マクシミリアン一世の凱旋行進》の機能と受容
平川佳世
名工たちへの挑戦――15、16世紀のドイツの版画と金銀細工
佐川美智子
近・現代のドイツ版画 概観
大原まゆみ
初期ナザレ派の中世再構成における版画の役割――フランツ・プフォルの場合
奥野克仁
マックス・クリンガーの版画について――《ブラームス幻想》を中心に
深山孝彰
「ブリュッケ」の木版画について
ディスカッション
シンポジウム「創造・伝達・記憶の場としての版画」


シンポジウム「中国独立映画のプラットホーム」俳優王宏偉の多様な貌
パネルディスカッション「中国独立映画の現状と課題」
シュテファン・メンツェル
護らなければ消えてしまう?――物質社会における無形文化
生田康夫
ホメーロスの涙
日本映画オーラル・ヒストリー・プロジェクト
第二回「篠田正浩」

編集後記