新メールシステム MG Liveメール 利用マニュアル

2010年度より、学内メールシステムをMicrosoft Windows Live@edu(以下Live@edu)に変更しました。
メール送受信などの方法と、各画面の機能についてご案内します。

  • 画面概略
  • メールを送信する方法   
  • メールにファイルを添付
  • メールを受信する方法   
  • メールに添付されたファイルを保存
  • メールボックス容量確認方法   
  • 詳細設定(メールの転送・署名・振り分け・言語)   
  • アドレス帳(連絡先)の作成方法   
  • よくある質問集   









  • 画面概略

    左側の枠

    (1)お気に入り
    頻繁に使うフォルダ等を登録しておく事ができます。


    (2)受信トレイ
    受信したメールはこちらに格納されます。


    (3)削除済みアイテム
    ごみ箱です。削除したメールはこちらに格納されます。






    また、任意のフォルダを作成して、件名や宛先別に
    受信メールを自動的に振り分ける事が可能です。
    詳しい方法などについてはこちら

    中央の枠

    (1)新規作成
    メールの作成を行う事ができます。
    詳しい方法などについてはこちら


    (2)メールの並べ替え
    特定の差出人や、メールの重要度順に並べ替える事ができます。


    (3)新しいメッセージの確認
    新着メールを受信します。

    右側の枠

    選択したメールのプレビュー画 面です。
    (1)ショートカットアイコン
    選択したメールに対する返信や転送を
    1クリックで行う事ができます。
    左から返信、全員に返信、転送


    メールを送信する方法

    1.中央枠の上部にある、「新規作成」をクリックします。






    2.下のような画面が表示されます。
    宛先、件名、本文等を入力して、最後に左上の「送信」をクリックします。




    メールにファイルを添付

    1.ツールバーのclipをクリックします。


    2.ドキュメントライブラリのウインドウが表示されます。
    添付したいファイルを選択し、「開く」をクリックして添付します。
    あとは「宛先」「件名」「本文」を入力して送信してください。



    メールを受信する方法

    基本的に、Live@edu起動時に新着メールを受信するのですが、
    起動中に新着メールを確認したい場合は
    中央枠右上の、このアイコンをクリックしてください。





    メールに添付されたファイルを保存

    1.ファイルが添付されていると受信メールの件名の横にclipが表示されます。





    2.受信メールを開くと「宛先」の下に添付ファイルが表示されます。





    3.添付ファイルのファイル名をクリックすると、画面下部にポップアップが表示されます。
    「保存」の隣の▼をクリック、「名前をつけて保存」してください。
    ※「保存」をクリックすると、「ダウンロード」に保存されます。






    メールボックス容量確認方法

    1.左枠にある、この部分にマウスカーソルを合わせます。






    2.現在の使用量が表示されます








    ご不明な点があれば、お手数ですが
    joho@cc.meijigakuin.ac.jp
    までご連絡ください。