明治学院大学キリスト教研究所

明治学院研究3

明治学院研究3

東アジアから見る明治学院の歩み

担 当

李 省展


時 間

春学期 金曜日2時限(10:55-12:25)


教 室

明治学院大学 白金校舎 本館1453教室


概 要

本授業は日本を基軸としながらも東アジアへの広がりの中から、明治学院ならびにミッションスクールに関して歴史的考察をなすものです。したがってキリスト教史を踏まえながら東アジア近現代史への基礎的な洞察を加えるとともに、グローバルな視点も取り入れて考えて行きます。その知的作業から明治学院で学ぶということの意味をあわせて考えます。

【第1回】 問題の所在―なぜ東アジアの広がりからミッションスクールを考えるのか?―
【第2回】 宗教改革と対抗宗教改革―プロテスタントの淵源を考える。
【第3回】 大航海時代におけるカトリックとアジアの問題を考える
【第4回】 プロテスタント(長老派)の動きを世界的視野から考える。
【第5回】 東アジアにおける帝国主義と近代に関する考察—映画「阿片戦争」視聴。
【第6回】 中国・朝鮮における長老派ミッションスクールの展開
【第7回】 日本の近代教育とミッションスクール―「文部省訓令第12号」にみる宗教と教育の分離政策をめぐって
【第8回】 明治学院と外国人宣教師―ヘボン、インブリー、ライシャワー
【第9回】 植村正久、井深梶之助と明治学院
【第10回】 帝国日本の植民地主義と朝鮮のミッションスクール1―「改正私立学校規則」をめぐって
【第11回】 帝国日本の植民地主義と台湾・朝鮮のミッションスクール2―神社参拝の強要をめぐって
【第12回】 帝国日本の全体主義とミッションスクール―明治学院、朝鮮のミッションスクールから考える
【第13回】 ミッションスクール文化をめぐっって
【第14回】 映画「宗家の三姉妹」の視聴から近代教育とナショナリズムを考える。
【第15回】 総合討論とまとめ

〒108-8636 東京都港区白金台1-2-37

TEL:03-5421-5210 FAX:03-5421-5214