PABLICATIONS出版物

PRIME(紀要)

国連機関は誰のものか – グローバル化時代の市民の役割

巻頭言
国際機関を市民によって使いこなそう 勝俣 誠

 

特集:国際機関は誰のものかーグローバル化時代の市民の役割
論文
国際金融・貿易機関を取り巻く現実 佐久間智子
無力化される国連ー米国は国際機関をどのように利用してきたか 河辺 一郎
WTOに主導された経済のグローバル化と「改革」に晒された国連人権機構の反撃 上村 英明
論文
ソ連・ロシア経済体制の「非軍事化」と軍産複合体 塩原 俊彦
Eight Years of Russian Transition to the Market Elena Leontieva
島嶼の政治経済と米軍基地との関係 松島 泰勝

 

平和のキーワード
人権/少年法改正 新津久美子
開発/コペンハーゲン+5 勝俣 誠
人権・女性/北京+5 ・女性2000年会議 藤岡美恵子
書評
Clifford G. Gaddy, “The Price of the Past” 中山 弘正

 

平和のデータ・ベース
人権・開発/「経済的、社会的、文化的権利の実現:知的所有権と人権」 (国連人権小委員会決議)

 

国際平和研究所購入図書一覧