PABLICATIONS出版物

PRIME(紀要)

特集1:原発危機の政治学  特集2:ナショナルアイデンティティとコミュニティ

巻頭言
3.11東日本大震災から十ヶ月を経て 竹尾 茂樹
特集1:原発危機の政治学
原発危機の政治学 栗原 彬
ポスト3・11 ―生存の倫理の再構築を目指して 中野 佳裕
危機的状況の中での制御可能なものごとを求めて
―二本松市の栽培実験とチェルノブイリ使節団の経験
石井 秀樹
生活から見た企業の責任 野添 憲治
うららかな日仏交流牧場を夢見て アンベール‐雨宮 裕子
原子力帝国への対抗政治に向かって―窪川原発反対運動を手掛かりに 猪瀬 浩平
声明文(フランス語版)

特集1:大量破壊兵器禁止と国際人道法

書評論文
原子力政策をめぐる廃棄物問題と熟議(ジュヌヴィエーヴ・フジ・ジョンソン著『核廃棄物と熟議民主主義』) 藤川 賢

特集1:大量破壊兵器禁止と国際人道法

特集2:ナショナルアイデンティティとコミュニティ
ヨーロッパにおけるイスラームの制度化を振り返って―「ヨーロッパモデル」について語ることができるだろうか フランク・フレゴジ(訳)浪岡 新太郎
世にあって世のものにあらず―歴史的平和教会におけるナショナルとコミュナルの相克 片野 淳彦

特集2:「平和構築」は平和を創造するか?

書評
佐久間孝正『在日コリアンと在英アイリッシュ』+佐藤享『北アイルランドとミューラル』 戸谷 浩
阿部浩己『国際法の暴力を越えて』 東澤 靖
調査報告
民主政権下で続く先住民族への弾圧―バングラディシュ・チッタゴン広陵調査報告 木村 真希子
2011年度研究所活動報告

国際平和研究所購入図書一覧