PABLICATIONS出版物

PRIME(紀要)

特集:平和学のチカラ

巻頭言
1988年から2008年・知の闘いは続く 勝俣 誠
特集:「反テロ戦争」の中の子ども・非戦・沖縄
平和研究の未来責任 坂本義和
平和学を学ぶ若い人々へ 浅井基文
平和研究の課題 中山弘正

 

豊田利幸先生追悼特集
核エネルギーに反対する 豊田利幸
Not to Nuclear Energy Toshiyuki Toyoda
豊田利幸先生のこと 熊本一規
「正義の人」 豊田先生の思い出 高原孝生
特集:平和学のチカラ
人間の安全保障と連帯経済 武者小路公秀
再生産の領域を経済の中心に据える 佐久間智子
イタリアの社会協同組合について 佐藤絋毅
メディアと市民運動 桜井均
アジアの核と平和に関するイラン・アメリカ・日本の関係について ナギザデ・モハメド
権利としての文化、共有すべきものとしての歴史 上村英明
論文
国連の「平和構築(Peace-Building)」と米国の「国民形成(Nation-Building)」との間にみえる政治戦略 上村英明
加害の語りと日中戦後和解―被害者が受け入れる反省とは何か― 張宏波
石田隆至
研究所提供科目報告
南のことば、北のことば 秋月望

 

書評
林東源著・波佐場清訳『南北首脳会談への道―林東源回顧録―』 秋月望

 

2008年度国際平和研究所活動報告
国際平和研究所購入図書一覧