PABLICATIONS出版物

PRIME Occasional Papers

「難民」とは誰のことか」— 難民認定を巡るマッサンバさんと私たちの闘いの記録—

PRIME Occasional Papers 第3号 目次(2016年3月31日発行)

巻頭言
巻頭言 高原 孝生
第1部 難民認定までの歩み
はじめに 浪岡 新太郎
第1 章 経過概要
1 本国での経緯(日本入国まで) 渡辺 英俊 / 安藤 真起子
2 難民認定申請の経過(申請から不認定処分まで)
3 裁判の経過(訴訟提起から判決・難民認定まで)
第2章 論説・解説
1 マサンバさんの闘いの意味 ─「被支援者」ではなく生活を共有したなかまとして 浪岡 新太郎
2 私が難民認定を獲得するまで マサンバ・マンガラ・ギョーム
3 マッサンバさん全面勝訴! ─裁判を通して明らかにされた日本の難民認定制度の破綻 神原 元
4 判決に対する感想など 小笠原 友輔
5 「不信の文化」に抗する 阿部 浩己
6 入管の思想と日本の排外主義 鄭 栄桓
7 マサンバさんと浪岡さんたちと隣人 勝俣 誠
第3 章 闘いを支えた人々
1 聖アンデレ教会でのプレゼンテーション 伊東 秀一
2 グッズ製作で支援できる喜びから、全面勝訴の喜びへ 岡安 サダ子
3 「居心地の悪さ」と「新たな問い」 原 直呼
4 対等に付き合うことのむずかしさ 佐藤 恵美
5 マッサンバさん裁判から学ぶこと 秋山 英好
6 たくさんの人に知ってほしい 加藤 はる香
7 職員として、あるいは個人として ─活動への参加を通して考えさせられたこと― 小林 玲
8 良かった。でも 小山 俊雄
9 難民マッサンバさんの見果てぬ夢 ─中学校教師への道─ 植田 善嗣
10 支える会の活動を振り返って! 石谷 尚子/神森 忠敏
11 まずはおめでとうございます 早川 寛
12 すべては難民の利益のために 佐藤 直子
13 寿って、そんな街 近藤 昇
14 マッサンバさんの裁判を終えて、今、再び「難民」申請者たちのことを想う 安藤 真起子

◇原告最終陳述・双方最終準備書面・判決

第2 部 資料
はじめに 渡辺 英俊
◇原告最終陳述・双方最終準備書面・判決
1 原告最終陳述書
2 原告最終準備書面
3 被告最終準備書面
4 判決全文
◇証拠・資料より
1 新聞記事
2 バ・コンゴ州全図
3 破壊された「警察署」と「税務署」(本人画)
◇難民マッサンバさんを支える会・ニュースレター等
1 中間報告 白日に晒された『難民鎖国』の実態─マッサンバさん「難民不認定取消」訴訟から―
2 支える会ニュースレター
3 声明など
4 新聞報道
◇資料・CD 目録