スマートフォン版を表示

各種方針

大学(学部)全体のポリシー | 各学部・学科のポリシー | 大学院全体のポリシー | 各研究科・専攻のポリシー | 社会連携・社会貢献の方針 | 大学の運営に関する方針

大学(学部)

人材養成上の目的・教育目標

明治学院大学は、建学の精神すなわち「キリスト教による人格教育」と学問の自由を基礎とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”を実現するため、広く教養を培うとともに、各学部学科において専門分野に関する知識・技能および知的応用能力を身につけた人間を育成することを目的とする。

このような目的のもと、5つの教育目標を定める。
  1. 他者を理解する力を身につける。
  2. 分析力と構想力を身につける。
  3. コミュニケーション力を身につける。
  4. キャリアをデザインする力を身につける。
  5. 共生社会の担い手となる力を身につける。

卒業の認定・学位授与に関する方針

明治学院大学は、建学の精神すなわち「キリスト教による人格教育」と学問の自由を基礎とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”の実現を目指し、「人材養成上の目的・教育目標」に定める人間を育成するため、広く教養を培うことにより、他者と共に生きる力および自ら課題を発見しこれを解決する能力を高めるとともに、各学部学科の定める専門分野に関する知識・技能および知的応用能力を身につけ、所定の期間在学し、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し学位を授与する。

具体的な到達目標は、次のとおりである。
  1. 歴史、文化、社会、自然、健康などに関する幅広い教養を有するとともに、専門分野に関する基本的知識を有し、これらを体系的に理解している。
  2. 知識を獲得するため、またこれを活用するための技能・応用能力を身につけている。
  3. 本学の根幹である「キリスト教による人格教育」を通じて、主体的に将来を切り拓き、社会に生起する問題に取り組む責任感、倫理観、協働性など他者と共に生きる力を身につけている。
  4. 在学期間を通じて獲得した知識・技能・態度などを総合的に活用し、自ら課題を発見しこれを解決する能力を身につけている。

教育課程の編成および実施に関する方針

明治学院大学は、「卒業の認定・学位授与に関する方針」に掲げる知識および能力を修得させるために、各学部学科の定める「人材養成上の目的・教育目標」に沿って、明治学院共通科目、専門科目および必要とする科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に展開する。 学修成果の評価にあたっては、あらかじめ定められた成績評価基準により、適切にこれを行う。

入学者の受入れに関する方針

明治学院大学は、「人材養成上の目的・教育目標」に定める人間を育成するため、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

求める人材像
  1. 知識・技能、思考力・判断力・表現力等において、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけている。
  2. 本学の教育理念を理解し、人間や社会に関心と探究心を持ち、真摯に勉学に励む意欲を持っている。
  3. 課題に対してこれを主体的に解決し、社会に貢献しようとする意欲を持っている。
入学者選抜の基本的方針
  1. 入学者選抜は、筆記、面接等の試験において高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけているかについて評価する。
  2. 入学後の教育課程に主体的に取り組む意欲を有しているかについて評価する。

各学部・学科のポリシー

大学院

人材養成上の目的・教育目標

明治学院大学大学院は、建学の精神すなわち「キリスト教による人格教育」と学問の自由を基礎とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”を実現するため、深奥なる学術の理論および応用を研究教授し、さらに進んで研究指導能力を養い、また、高度で専門的な職業能力を有する深い学識および卓越した能力を培い、もって人類の文化の発展と福祉の増進に貢献する能力を身につけた人間を育成することを目的とする。 このような目的のもと、大学院は学士課程において培った能力をさらに発展させ、高度の分析力と構想力を備え、自らのキャリアをデザインする力を有し、コミュニケーション力をもって他者を理解し、共に生きる力を身につけ、知的な素養を持つ人間、研究能力を持つ人間、高度で専門的な職業に従事する人間を育成することを教育の目標とする。

課程修了の認定・学位授与に関する方針

明治学院大学大学院は、建学の精神すなわち「キリスト教による人格教育」と学問の自由を基礎とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”の実現を目指し、「人材養成上の目的・教育目標」に定める人間を育成するため、各研究科各専攻の定める専門分野に関する知識・技能および知的応用能力を身につけ、所定の期間在学して所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、学位論文または特定の課題についての研究の成果の審査および試験に合格した学生に課程の修了を認定し学位を授与する。

修得すべき能力の目標は、次のとおりである。
「修士課程」・「博士前期課程」
  1. 広い視野と深い学識および専門分野における高度な知識・技能を身につけている。
  2. 専門分野における高度な研究能力や卓越した職業能力を身につけている。
  3. 学術研究の信頼性と公正性を確保するため、研究倫理を身につけている。
「博士後期課程」
  1. 修士課程または博士前期課程において修得した知的基盤の上に、さらに深い学識と専門分野における高度な知識・技能を身につけている。
  2. 専門分野における自立した研究能力や卓越した職業能力を身につけている。
  3. 学術研究の信頼性と公正性を確保するため、研究倫理を身につけている。

教育課程の編成および実施に関する方針

明治学院大学大学院は、「課程修了の認定・学位授与に関する方針」に掲げる知識・技能および知的応用能力を修得させるために、各研究科各専攻の定める「人材養成上の目的・教育目標」に沿って、必要とする高度な教育課程を体系的に編成し、講義、演習、実習、研究指導等を適切に展開する。 学修成果の評価にあたっては、あらかじめ定められた成績評価基準により、適切にこれを行う。

「修士課程」・「博士前期課程」
  1. 高度な専門科目およびこれに関連する幅広い知識と技能を獲得し、高度の研究能力や卓越した職業能力を獲得するための教育課程を編成する。
  2. 修士論文執筆に向けて指導教員による適切な研究指導を行う。
「博士後期課程」
  1. 修士課程または博士前期課程における知識基盤のうえに、さらに高度な専門科目およびこれに関連する幅広い知識と技能を獲得し、高度の研究能力や卓越した職業能力を獲得するための教育課程を編成する。
  2. 自立した研究者としての博士論文執筆に向けて指導教員による適切な研究指導を行う。

入学者の受入れに関する方針

明治学院大学大学院は、「人材養成上の目的・教育目標」に定める人間を育成するため、次のとおり入学者受入れの方針を定める。

「修士課程」・「博士前期課程」
求める人材像
  1. 学士課程において修得すべき能力を身につけ、学術の深奥なる理論・応用を真摯に探求し、自立した研究者や高度職業人を目指す意欲がある。
入学者選抜の基本的方針
  1. 入学者選抜は、学士課程において修得すべき能力を身につけているかについて評価する。
  2. 筆記試験および面接あるいはいずれかにより評価する。
「博士後期課程」
求める人材像
  1. 修士課程または博士前期課程において修得した知識基盤のうえに、さらにこれを発展させ学術の深奥なる理論・応用を極め、自立した研究者や卓越した高度職業人を目指す意欲がある。
入学者選抜の基本的方針
  1. 修士課程または博士前期課程において修得した知識基盤のうえに、さらにこれを発展させ学術の深奥なる理論・応用を極め、自立した研究者や卓越した高度職業人を目指す意欲があるかについて評価する。
  2. 入学者選抜は、修士課程または博士前期課程において修得すべき能力を身につけているかについて評価する。

各研究科・専攻のポリシー

明治学院大学 社会連携・社会貢献の方針

明治学院大学は、建学の精神「キリスト教による人格教育」のもと、“Do for Others(他者への貢献)”を教育理念としており、社会との連携・社会への貢献は、大学の伝統と校風になっている。
この建学の精神と教育理念に基づき明治学院大学は、知的資源や教育研究の多様な成果を、広く社会に向けて還元するため、次のとおり方針を定める。

ボランティア活動

学生にとっての経験・育成の場となる多彩な活動プログラムを、学内のみならず自治体・外部団体等とも連携し展開する。
  1. ボランティア活動と教育との連携を強化し、“Do for Others(他者への貢献)”を具現化するための理解と実践を深め、共生社会の実現に資する力を身につけるための支援を行う。
  2. 学生によるボランティア活動の立ち上げなど、学生の自主的活動を支援する。
  3. 地域貢献を目指した地域社会との協働によるボランティア活動を推進し、キャンパスごとに、特色を生かしたプロジェクトを展開する。
  4. 大学に寄せられるボランティア情報を、学生へ発信して行く。
  5. ボランティアセンターと学生を繋ぐ、ボランティアセンターに登録している学生メンバーの活動を支援する。

社会との連携・生涯学習

大学周辺地域およびそれを超える地域や社会との連携を通じ、地域や社会の発展に貢献する。
  1. 白金キャンパスにおいては、地域の人々を対象とした生涯学習の場を今後も継続して提供して行く。また、都心に位置する強みを活かし、都心特有の課題や問題解決に寄与するように努める。
  2. 横浜キャンパスにおいては、周辺を住宅地に囲まれているため、地域の人々との関わりを重視する。地域の人々と学生とのコミュニティ活動や震災時における共助体制確立、そしてまちづくりの拠点としての役割をより強化し、地域との共存に努める。
  3. キャンパスの周辺地域を越えて、遠距離の自治体、企業・NGO・NPO、高校・大学等との連携活動についても、明治学院大学の強みを生かした形で推進して行く。

大学の運営に関する方針

明治学院大学は、「キリスト教による人格教育」を建学の精神とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”を実現するための人材養成を目的としている。この目的を達成するため、「大学の運営に関する方針」を次のとおり定める。

(適正な組織の整備と権限の明確化)

1. 大学の適正な運営のため、学長のリーダーシップのもと、教育研究に関する事項を審議する各学部(含む教養教育センター)教授会、大学の全般事項を審議する連合教授会および大学評議会、ならびに各研究所などの教学組織を整備する。さらにこれらの教学組織を支える大学事務組織全般にわたってこれを適切に整備するとともに、役職者の権限および責任について規程を整備し明確にする。

(教職員の教育研究等の向上のための組織的取組)

2. 大学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”の実現のため、これを理解する教職員を採用し、教育研究の質の向上および組織運営能力の高度化のため積極的な組織的取組を行う。

(財務計画の策定と適正な予算編成・執行)

3. 大学の教学分野および事務分野全般にわたる事業計画を長期に安定して支えるため、理事会を中心とした法人組織との連携により財務計画を策定するとともに適正な予算編成および執行を行う。予算執行の結果は、これを分析・検証しさらなる改善に繋げるための監査体制を維持する。

(法人および中学校・高等学校との連携)

4. 「キリスト教による人格教育」を建学の精神とする学校法人として、その教育事業の発展を共に担うため、理事会とその運営を支える法人事務組織および法人設置の明治学院中学校・明治学院高等学校・明治学院東村山高等学校との適切な連携体制を維持する。