スマートフォン版を表示

各種方針

大学(学部)全体のポリシー | 各学部・学科のポリシー | 大学院全体のポリシー | 各研究科・専攻のポリシー | 内部質保証方針 | 求める教員像および教員組織の編制方針 | 学生支援に関する方針 | 教育研究等環境の整備に関する方針 | 社会連携・社会貢献の方針 | 大学の運営に関する方針

大学(学部)

人材養成上の目的・教育目標

明治学院大学は、建学の精神すなわち「キリスト教による人格教育」と学問の自由を基礎とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”を実現するため、広く教養を培うとともに、各学部学科において専門分野に関する知識・技能および知的応用能力を身につけた人間を育成することを目的とする。

このような目的のもと、5つの教育目標を定める。

  1. 他者を理解する力を身につける。
  2. 分析力と構想力を身につける。
  3. コミュニケーション力を身につける。
  4. キャリアをデザインする力を身につける。
  5. 共生社会の担い手となる力を身につける。

卒業の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

明治学院大学は、建学の精神すなわち「キリスト教による人格教育」と学問の自由を基礎とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”の実現を目指し、「人材養成上の目的・教育目標」に定める人間を育成するため、次のとおり「卒業の認定・学位授与に関する方針」を定める。

以下の能力を身につけ、各学部学科に所定の期間在学し、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し学位を授与する。

  1. 〔知識・理解〕 他者への洞察力を養い人間の多様性を理解するため、歴史、文化、社会、自然、健康などに関する幅広い教養および専門分野に関する基本的知識を有し、これらを体系的に理解する力を身につけている。
  2. 〔汎用的技能〕 知識を獲得し、これを活用することにより人間を取り巻く諸現象を分析し、よりよい社会を構想する力とともに、自らの考えを他者に伝えることのできるコミュニケーション力などの技能・応用能力を身につけている。
  3. 〔態度・志向性〕 大学での学びを通じて、主体的に自らの将来を切り拓き、社会に生起する問題に積極的に取り組む責任感、倫理観、協働性など他者と共に生きる力を身につけている。
  4. 〔統合的な学習経験と創造的思考力〕 在学期間を通じて獲得した知識・技能・態度などを総合的に活用し、自ら課題を発見しこれを解決する能力を身につけている。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

明治学院大学は、「卒業の認定・学位授与に関する方針」に掲げる知識および能力を修得させるために、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

  1. 他者と共に生きることのできる人材を育成するために、専攻する学問分野にかかわらず卒業までに共通して身につける「明治学院共通科目」と専攻する学問分野に応じた「学科科目」とを開設する。
  2. 「明治学院共通科目」および「学科科目」双方を4年間にわたって関連付けて学ぶことができるよう、履修の機会を提供する。
  3. 初年次導入教育から学年進行にしたがって体系性・順次性をもって編成し、履修科目に応じて講義、演習、実習等の授業形態を採用する。
  4. 授業は、その内容に応じて最適な効果を得ることができるよう効果的な教育方法をもって展開する。
  5. 学修成果の評価にあたっては、あらかじめ定められた評価方法および評価基準により、適切にこれを行う。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

明治学院大学は、「人材養成上の目的・教育目標」に掲げる知識および能力を修得させるために、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。

求める人材像

  1. 知識・技能、思考力・判断力・表現力等において、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけている。
  2. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”を理解し、人間や社会に関心と探究心を持ち、真摯に勉学に励む意欲を持っている。
  3. 課題に対してこれを主体的に解決し、社会に貢献しようとする意欲を持っている。

入学者選抜の基本的方針

  1. 入学者選抜は、高等学校等で修得すべき基礎的な能力および課題に積極的に取り組む意欲を有しているかについて評価する。
  2. 筆記試験においては、主に知識・技能、思考力・判断力・表現力など、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を、面接試験においては、主に学問への関心、好奇心など学修に取り組む主体的意欲を評価する。

各学部・学科のポリシー

大学院

人材養成上の目的・教育目標

明治学院大学大学院は、建学の精神すなわち「キリスト教による人格教育」と学問の自由を基礎とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”を実現するため、深奥なる学術の理論および応用を研究教授し、さらに進んで研究指導能力を養い、また、高度で専門的な職業能力を有する深い学識および卓越した能力を培い、もって人類の文化の発展と福祉の増進に貢献する能力を身につけた人間を育成することを目的とする。 このような目的のもと、大学院は学士課程において培った能力をさらに発展させ、研究倫理を有するとともに、高度の分析力と構想力を備え、自らのキャリアをデザインする力を有し、コミュニケーション力をもって他者を理解し、共に生きる力を身につけ、知的な素養を持つ人間、研究能力を持つ人間、高度で専門的な職業に従事する人間を育成することを教育の目標とする。

課程修了の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

明治学院大学大学院は、建学の精神すなわち「キリスト教による人格教育」と学問の自由を基礎とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”の実現を目指し、「人材養成上の目的・教育目標」に定める人間を育成するため、各研究科各専攻の定める専門分野に関する知識・技能および知的応用能力を身につけ、所定の期間在学して所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、学位論文または特定の課題についての研究の成果の審査および試験に合格した学生に課程の修了を認定し学位を授与する。

修得すべき能力の目標は、次のとおりである。
「修士課程」・「博士前期課程」

  1. 広い視野と深い学識および専門分野における高度な知識・技能を身につけている。
  2. 専門分野における高度な研究能力や卓越した職業能力を身につけている。
  3. 学術研究の信頼性と公正性を確保するため、研究倫理を身につけている。
「博士後期課程」
  1. 修士課程または博士前期課程において修得した知識基盤の上に、さらに深い学識と専門分野における高度な知識・技能を身につけている。
  2. 専門分野における自立した研究能力や卓越した職業能力を身につけている。
  3. 学術研究の信頼性と公正性を確保するため、研究倫理を身につけている。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

明治学院大学大学院は、「課程修了の認定・学位授与に関する方針」に掲げる知識・技能および知的応用能力を修得させるために、各研究科各専攻の定める「人材養成上の目的・教育目標」に沿って、必要とする高度な教育課程を体系的に編成し、講義、演習、実習、研究指導等を適切に展開する。 学修成果の評価にあたっては、あらかじめ定められた成績評価基準により、適切にこれを行う。

「修士課程」・「博士前期課程」

  1. 高度な専門科目およびこれに関連する幅広い知識と技能を獲得し、高度の研究能力や卓越した職業能力を獲得するための教育課程を編成する。
  2. 修士論文執筆に向けて指導教員による適切な研究指導を行う。

「博士後期課程」

  1. 修士課程または博士前期課程における知識基盤のうえに、さらに高度な専門科目およびこれに関連する幅広い知識と技能を獲得し、高度の研究能力や卓越した職業能力を獲得するための教育課程を編成する。
  2. 自立した研究者としての博士論文執筆に向けて指導教員による適切な研究指導を行う。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

明治学院大学大学院は、「人材養成上の目的・教育目標」に定める人間を育成するため、次のとおり入学者受入れの方針を定める。

「修士課程」・「博士前期課程」
求める人材像

  1. 学士課程において修得すべき能力を身につけ、学術の深奥なる理論・応用を真摯に探求し、自立した研究者や高度職業人を目指す意欲がある。

入学者選抜の基本的方針

  1. 入学者選抜は、学士課程において修得すべき能力を身につけているかについて評価する。
  2. 筆記試験および面接あるいはいずれかにより評価する。

「博士後期課程」
求める人材像

  1. 修士課程または博士前期課程において修得した知識基盤,高度な研究能力,卓越した職業能力,研究倫理のうえに、さらにこれを発展させ学術の深奥なる理論・応用を極め、自立した研究者や卓越した高度職業人を目指す意欲がある。

入学者選抜の基本的方針

  1. 修士課程または博士前期課程において修得した知識基盤,高度な研究能力,卓越した職業能力,研究倫理のうえに、さらにこれを発展させ学術の深奥なる理論・応用を極め、自立した研究者や卓越した高度職業人を目指す意欲があるかについて評価する。
  2. 入学者選抜は、修士課程または博士前期課程において修得すべき能力を身につけているかについて評価する。

各研究科・専攻のポリシー

明治学院大学 内部質保証方針

明治学院大学は、内部質保証を推進するため、以下の通り、方針を定める。

基本的な考え方

  1. 内部質保証システムの有効性に着目した評価、理念目的の実現に向けた取り組みを重視し、充実・向上を支援する評価、全学的な観点からの評価の3点に留意し、内部質保証を推進する。
  2. 本学の理念・目的、教育目標および各種方針の実現に向けて、教育研究をはじめとする大学の諸活動について自ら点検・評価を行い、その結果を踏まえて、質の向上に向けた恒常的な改善・改革を推進する。
  3. 本学の内部質保証は、学長の指示の下に、検討、審議の上定められた、内部質保証の体制、仕組み、方針等の制度に基づき本学の内部質保証を行う。
  4. 内部質保証の実効性を検証するため、外部評価者による客観評価を行う。
  5. 自己点検・評価結果、外部評価結果について、広く社会に公表を行う。
  6. 内部質保証について、組織内の理解を促し定着をはかる。

組織体制

  1. 全学における内部質保証の責任権者は学長とする。
  2. 内部質保証の推進を負う組織は執行部会とする。
  3. 学長の下に、内部質保証の体制、仕組み、方針等の精度を検討、審議する質保証企画委員会を置き、その定めた体制、自己点検・評価および各種方策等に基づき本学の質保証を行う。
  4. 全学的観点からの自己点検・評価を行うために、質保証統括委員会を置く。
  5. 質保証統括委員会の下に、自己点検・評価委員会および自己点検・評価小委員会を置き、各学科・専攻・研究科等において、自己点検・評価を行い、当該年度教学総括・次年度計画概要をまとめ、全学的観点から教育活動に関する客観評価を受ける。
  6. 質保証統括委員会の下に、ピアレビュー委員会を置く。ピアレビュー委員会は分野毎に部会を設け、各学科・専攻・研究所等の自己点検・評価小委員会が行った自己点検・評価結果を担当部会が、全学的観点から教育活動に関する客観評価を行う。
  7. 質保証統括委員会は、ピアレビュー委員会による客観的評価を受け、各組織および分野毎の自己点検・評価結果をさらに全学的観点から点検・評価し、現状認識、課題抽出、対応方策の妥当性の検証を行い、その結果を提言として執行部会に上程する。
  8. 執行部会は、質保証統括委員会からの、全学の自己点検・評価結果及び課題を提言として受け、改善が必要と思われる事項について、改善実施要求として自己点検・評価委員会を通して、当該組織の長および学部・研究科等にフィードバックされる。学部・研究科等は改善実施要求を受け、改善案等を検討する。
  9. 各当該組織の長は当該事項に関する改善計画を執行部会に提出する。また、改善の実施を求められた事項に関する改善結果について、執行部会に報告を行う。これらの過程を通して、改善を促し、全学における内部質保証の推進を行う。
  10. 質保証のサイクルを外部からの客観的評価を受けるため、質保証外部評価委員会を置く。質保証外部評価委員会は、本学の内部質保証の仕組みや体制の適切性、自己点検・評価が実効性の観点から検証し、課題の改善に向けて機能しているかどうかの検証を行い、その結果を提言として執行部会へ上程する。
  11. 内部質保証体制における事務局として、自己点検推進室を置く。自己点検推進室は、自己点検・評価、外部評価を含め本学の内部質保証の推進に関する事項を行う。

教学に関する質保証の施策

  1. 本学の学士課程・修士課程・博士課程における教学改革・改善・実践・検証は、ディプロマポリシーに掲げた能力の教育成果を学生アンケート及び授業評価アンケートによって測定し、その分析・検証に基づいて恒常的に行われるものとする。
  2. また測定した教育成果は、学生個人にもフィードバックし、学習の振り返りや学びの発展に活用せしめる。
  3. 学生の生活実態を把握し、改善に活用する。
  4. 教学マネジメントの観点から、学部・研究科・研究所等の教学部門だけではなく、事務局も教学に対し積極的な関与に努める。教職協働による、教育の質の向上を目指し、SDに努める。

明治学院大学 求める教員像および教員組織の編制方針

明治学院大学は、「キリスト教による人格教育」を建学の精神とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”を実現するための人材養成を目的としている。この目的を達成するため、「求める教員像および教員組織の編制方針」を次のとおり定める。
また、この方針の適切性や整備状況について、定期的な点検・評価を行う。

求める教員像

  1. 建学の精神および教育理念を理解し、それを実現するために、教育研究に対する意欲のある教員を求める。
  2. 高度な専門性と深く豊かな教養をもち、優れた教育研究力と研究倫理を備えた教員を求める。
  3. 教育研究組織の中において、目的達成のために貢献できる教員を求める。

教員組織編制

  1. 大学設置基準等の関連法令を踏まえた上で、各学部・教養教育センター・各研究科における教育研究上の目的を達成するために必要な教員を配置する。
  2. 教員の構成は、教育研究上の必要性を踏まえつつ、年齢構成・性別構成・職位構成の多様性に配慮する。
  3. 国内外から広く人材を求め、国際化に配慮した教員配置を行う。
  4. 教育課程や大学運営等において適切に教員が役割を分担すると共に、教員組織間の連携体制を十分に確保する。

教員の人事

教員の募集、任用、昇任等にあたっては、人格、教育研究業績を踏まえ、学界や社会における活動実績等に配慮した上で、公正性・透明性を確保するため、規程に基づき厳正な審査を行う。

教員の資質向上

教育研究力の向上のため、組織的・多面的・継続的にFDを実施し、教員の資質向上を図る。

明治学院大学 学生支援に関する方針

明治学院大学は、「キリスト教による人格教育」を建学の精神とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”を実現するための人材養成を目的としている。この目的を達成するため、「学生支援に関する方針」を次のとおり定める。
また、この方針の適切性や整備状況について、定期的な点検・評価を行う。

修学支援

  1. 一人ひとりが各自の意欲・目標・状況に応じた学びや経験等の機会を得て、大学での学修を全うできるよう、学習状況に応じた相談・指導体制を整備し、必要な支援を行う。
  2. 修学にあたって支援を必要とする学生が、安心して学修できるよう、個々のニーズに応じた必要十分な支援を行う。
  3. 経済的困窮による休退学を防止するため、大学独自の奨学金制度を充実させるとともに、学外の奨学金制度等も活用し、経済的支援の充実を図る。

生活支援

  1. 意欲的に学生生活を送れるよう、心身の健康、保健衛生等に係る指導、相談等を適切に行うためのカウンセリング体制を整備し、それぞれの生活環境に配慮した支援を行う。
  2. 快適かつ安全に学生生活を送れるよう、一人ひとりの人権を保障し、ハラスメントの防止に十分に配慮するとともに、それを継続するために必要な体制整備を行う。

進路支援

  1. 社会的・職業的自立を培うと同時に自らのキャリアをデザインできるよう、キャリア支援体制を整備し、自己理解と社会理解の教育・支援を行う。
  2. 一人ひとりが希望する進路を選択できるよう、試験対策講座等ニーズに応じた進路支援を充実させる。

課外活動支援

  1. 自主性・社会性・コミュニケーション能力を涵養することにより、自らの意思と責任をもって行動し、社会で協働できる人間へ成長できるよう、部活動・サークル活動・ボランティア活動・ピアサポート活動などを適切に支援する。
  2. 共生社会の一員として活躍できるよう、ボランティア活動をはじめとした社会貢献活動において、正課と組み合わせた取り組みを充実させる。

明治学院大学 教育研究等環境の整備に関する方針

明治学院大学は、「キリスト教による人格教育」を建学の精神とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”を実現するための人材養成を目的としている。この目的を達成するため、「教育研究等環境の整備に関する方針」を次のとおり定める。
また、この方針の適切性や整備状況について、定期的な点検・評価を行う。

教育研究の推進と研究倫理の遵守

  1. 学生が学修成果を挙げることができるよう、FDの推進、オフィスアワーの設定、ティーチングアシスタント(TA)の配置などを通して、充実した教育環境を整備する。
  2. 教員および本学に所属する研究者が研究成果を挙げることができるよう、適切な研究時間の確保に留意し、研究助成制度や研究設備の充実を図るとともに、研究者の育成および外部研究資金の獲得について支援する。
  3. 教員および本学に所属する研究者が学術研究の信頼性と公正性を確保し、高い倫理的規範とその良心に従って研究を遂行するために、研究倫理に係る教育・啓発活動を実施し、不正行為の防止に努める。

キャンパスの施設設備の整備

  1. 白金・横浜両キャンパスについて、十分な広さの校地及び校舎を配備するとともに、アクセス面を含め充実した教育研究環境を整備する。また、整備にあたっては、持続可能な環境に配慮した上で、安全面・衛生面を重視し、適切に維持管理する。
  2. ネットワーク環境や情報通信技術(ICT)機器等について、学生の視点に立って設備を充実させるとともに、学内での利活用の促進を図る。
  3. 学生が学修や課外活動に主体的に取り組み、共に快適に過ごすことができるよう、ジェンダー平等やバリアフリー等への配慮を行い、多様性を確保したキャンパスづくりを推進する。

図書館・学術情報サービスの提供

  1. 学生の自主的・共働的な学びの場として、図書館の利用環境を整備する。
  2. 本学の教育研究の内容に即して、質・量ともに十分な図書等の学術情報資料を系統的に確保し、適切な手段で提供する。
  3. 質の高い教育研究に不可欠な学術情報へアクセスするためのネットワーク環境を整備するとともに、国内外の教育研究機関との学術情報の相互提供システム構築を推進する。

明治学院大学 社会連携・社会貢献の方針

明治学院大学は、建学の精神「キリスト教による人格教育」のもと、“Do for Others(他者への貢献)”を教育理念としており、社会との連携・社会への貢献は、大学の伝統と校風になっている。
この建学の精神と教育理念に基づき明治学院大学は、知的資源や教育研究の多様な成果を、広く社会に向けて還元するため、次のとおり方針を定める。

ボランティア活動

学生にとっての経験・育成の場となる多彩な活動プログラムを、学内のみならず自治体・外部団体等とも連携し展開する。
  1. ボランティア活動と教育との連携を強化し、“Do for Others(他者への貢献)”を具現化するための理解と実践を深め、共生社会の実現に資する力を身につけるための支援を行う。
  2. 学生によるボランティア活動の立ち上げなど、学生の自主的活動を支援する。
  3. 地域貢献を目指した地域社会との協働によるボランティア活動を推進し、キャンパスごとに、特色を生かしたプロジェクトを展開する。
  4. 大学に寄せられるボランティア情報を、学生へ発信して行く。
  5. ボランティアセンターと学生を繋ぐ、ボランティアセンターに登録している学生メンバーの活動を支援する。

社会との連携・生涯学習

大学周辺地域およびそれを超える地域や社会との連携を通じ、地域や社会の発展に貢献する。
  1. 白金キャンパスにおいては、地域の人々を対象とした生涯学習の場を今後も継続して提供して行く。また、都心に位置する強みを活かし、都心特有の課題や問題解決に寄与するように努める。
  2. 横浜キャンパスにおいては、周辺を住宅地に囲まれているため、地域の人々との関わりを重視する。地域の人々と学生とのコミュニティ活動や震災時における共助体制確立、そしてまちづくりの拠点としての役割をより強化し、地域との共存に努める。
  3. キャンパスの周辺地域を越えて、遠距離の自治体、企業・NGO・NPO、高校・大学等との連携活動についても、明治学院大学の強みを生かした形で推進して行く。

明治学院大学 大学の運営に関する方針

明治学院大学は、「キリスト教による人格教育」を建学の精神とし、教育理念“Do for Others(他者への貢献)”を実現するための人材養成を目的としている。この目的を達成するため、「大学の運営に関する方針」を次のとおり定める。

適正な組織の整備と権限の明確化

1. 大学の適正な運営のため、学長のリーダーシップのもと、教育研究に関する事項を審議する各学部(含む教養教育センター)教授会、大学の全般事項を審議する連合教授会および大学評議会、ならびに各研究所などの教学組織を整備する。さらにこれらの教学組織を支える大学事務組織全般にわたってこれを適切に整備するとともに、役職者の権限および責任について規程を整備し明確にする。

教職員の教育研究等の向上のための組織的取組

2. 大学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”の実現のため、これを理解する教職員を採用し、教育研究の質の向上および組織運営能力の高度化のため積極的な組織的取組を行う。

財務計画の策定と適正な予算編成・執行

3. 大学の教学分野および事務分野全般にわたる事業計画を長期に安定して支えるため、理事会を中心とした法人組織との連携により財務計画を策定するとともに適正な予算編成および執行を行う。予算執行の結果は、これを分析・検証しさらなる改善に繋げるための監査体制を維持する。

法人および中学校・高等学校との連携

4. 「キリスト教による人格教育」を建学の精神とする学校法人として、その教育事業の発展を共に担うため、理事会とその運営を支える法人事務組織および法人設置の明治学院中学校・明治学院高等学校・明治学院東村山高等学校との適切な連携体制を維持する。