スマートフォン版を表示

心理学の学びを活かして子どもへの支援を


埼玉県庁内定

笛木 萌美 (Megumi Fueki)

心理学部 心理学科 4年

学びを通して培った心理学の知識や技術を、問題を抱えた子どもたちの支援に活かしたいと思うようになったのは、2年次の秋でした。そこで、3年次から学内で開催さ れる公務員セミナーを受講。3年次の夏には埼玉県庁のインターンシップに参加して、目標が明確になりました。この他、キャリアセンターで、模擬面接や自己分析、卒業生の紹介など多くのバックアップを受け、無事に合格。春からは、主に県内の児童相談所や総合リハビリテーション施設などの地域機関で、心理判定や心理療法などの業務を担当することになります。障がいを持っていたり虐待を受けている子どもが、生活しやすい環境を整えていきたいと思います。