スマートフォン版を表示

多くのインターンシップ体験で自分の目指すものが明確に


サッポロビール株式会社 内定

坂本 大輔 (Daisuke Sakamoto)

経済学部 経営学科 4年

就職活動を意識したのは、3年次に入ってからのことでした。まだどのような業界、職種が自分に合うのか、その時点ではイメージできていなかったので、積極的にインターンシップに参加することから始めました。金融やサービス業、商社、メーカーなどでインターンシップを経験し、競争率は高いけれど嗜好品のメーカーで働きたいと決意。嗜好品は人々を笑顔に出来る商品だからです。学科で学んできたマーケティングの知識を今後に活かしたいということも理由の一つでした。明治学院大学のキャリアセンターでエントリーシートを何度も添削してもらいお世話になりました。採用面接では、ゼミで研究してきた「民泊」について語り、真剣に取り組んできたことが評価されたと感じています。