スマートフォン版を表示

ブログ

受験生の皆さんに、オープンキャンパス等のイベント情報や大学の旬な話題をお届けします!

2019.01.05

一般入試(全学部日程)合格体験記②

こんにちは!入学インフォメーションです。

本日からいよいよ一般入試(全学部・A日程)・センター利用入試(前期)の出願期間がスタートしました!

今回は 一般入試全学部日程(静岡会場利用)で合格した明学生からの合格体験記をお届けします!ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
経済学部経営学科4年生からのメッセージとなります!

Q1. 明治学院大学への受験を決めた理由は?

明治学院大学は全ての学部に所属する学生を対象にした長期留学の協定校が多く、その他にも留学を支援する制度が充実しています。大学進学前から漠然と留学したい想いがあったので、留学制度の充実度は重要な要素でした。また、静岡で受験できることも大きな理由の一つでした。

Q2. 一般入試を受けるにあたって、対策したことは?

部活の引退が高校3年の6月で、本格的な受験勉強はそこから始まりました。どの大学を受験するにも英語という科目は避けて通れないので、日々の勉強は英語を中心に進めながら、残りの科目を勉強しました。やっている勉強内容は基礎的なものばかりで、特別難しいことはしていませんでした。ただ、他の大学と異なり、明治学院大学の試験では英作文があるため、英語で物事を表現する練習をしました。
 

Q3. 静岡での地元受験(学外試験会場)を選んだ理由は?

自宅から受験会場までが近く、都内での受験と比較して経済的及び体力的負担が少なかったからです。受験料や交通費、宿泊代は積み重なると大きな出費となります。限られた中で工夫をし、最大限のチャレンジができるようにしました。また、定期的に受けていた模擬試験と同じ会場であり、自分のペースで受験できると思いました。

Q4. 受験スケジュールをどのように立てましたか?

まずは、1月中旬にセンター試験を受けました。2月1日に明治学院大学の全学部日程を静岡で受験し、その後は都内を中心に私立大学、国公立大学をいくつか受験しました。連続して試験を受けたり、県外の受験会場に出向いたりすることは予想以上に疲弊するので、体力も考えて受験の日程を組む必要がありました。


Q5.明治学院大学に入学してよかったことは何ですか?

一生付き合っていきたいと思える仲間に出会えたことです。明治学院大学と交換留学先のタイ・タマサート大学での生活を通して、素晴らしい仲間に恵まれました。また、自分から行動を起こせばいろんなことに挑戦できる環境があり、刺激のある日々を過ごすことができました。決して楽なことばかりではありませんが、とても充実した4年間でありました。


いかがでしたか?
入試日まであと少し。寒い日が続きますが、どうか体調管理に気をつけつつ、
がんばってください!心から応援しています!