スマートフォン版を表示

【PRIME後援講演会】沖縄は、東京の空は、いつまで米軍に支配されているのか ~日米地位協定と密約の実態を知る~

開催日 2019年7月14日(日)
時間 14:00~17:30(開場13:30)
会場 明治学院大学 白金キャンパス 3号館地下1階3101教室
主催 沖縄のつどい実行委員会(宮森・630を伝える会、ジュゴン保護キャンペーンセンター、公益財団法人原爆の図丸木美術館)
開催概要

おかしいと思いませんか?
沖縄の民意を無視して、辺野古新基地工事が強行されるのを!
学校や病院、住宅地の真上を低空で米軍機が飛ぶのを!
保育園や小学校に米軍機の部品が落ちてくるのを!
米軍人による凶悪事件を日本の法律で正当に裁けないことを!
米軍機が事故を起こすと現場封鎖し、日本の警察が捜査できないことを!
民間機が入れない米軍支配の1都9県にまたがる巨大空域があることを!
「日本国憲法の上の日米地位協定があり、国会の上に日米合同委員会がある」(故翁長前沖縄知事)
実態を知り、一緒に考えてみましょう。

<プログラム>

第一部:講演
「宮森小学校米軍ジェット機墜落の悲劇から60年」 牛島貞満(宮森・630を伝える会)
「横田空域と日米合同委員会の密約」 吉田敏浩(ジャーナリスト)

第二部:
パネルディスカッション
吉田敏浩、牛島貞満
コーディネータ 秋山道宏(明治学院大学国際平和研究所助手)
沖縄現地報告

 《吉田敏浩氏プロフィール》
2008年から日米地位協定と日米合同委員会の密約問題について長年、資料調査と取材をされている。著書には『森の回廊』(NHK出版 1995年大宅荘一ノンフィクション賞を受賞)、『「日米合同委員会」の研究』(創元社 2016年 第60回JCJ日本ジャーナリスト会議受賞)、『横田空域 日米合同委員会でつくられた空の壁』(角川新書 2019年)、『密約、日米地位協定と米兵犯罪』(毎日新聞社 2010年)、『赤紙と徴兵:105歳最後の兵事係の証言から』(彩流社 2011年)、『沖縄、日本で最も戦場に近い場所』(毎日新聞社 2012年)、『検証・法治国家崩壊 砂川裁判と日米密約交渉』(共著・創元社 2014年)など多数。

 

主 催:沖縄のつどい実行委員会(宮森・630を伝える会、ジュゴン保護キャンペーンセンター、公益財団法人原爆の図丸木美術館)
後 援:明治学院大学国際平和研究所
賛 同:公益財団法人東京YWCA、平和を実現するキリスト者ネット、沖縄戦首都圏の会、沖縄平和ネットワーク首都圏の会、ピース・ニュース

お問い合わせ先

連絡先:090-1837-4579
E-mail:p-news@jca.apc.org(松本)

*当日の問い合わせ先
明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
■TEL:03-5421-5652  ■FAX:03-5421-5653 
■E-MAIL:prime@prime.meijigakuin.ac.jp

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/events/events20190714/

Back