スマートフォン版を表示
2018年2月7日

2017年度課外活動奨励賞

2017年度課外活動奨励賞

課外活動奨励賞受賞者一覧

課外活動奨励賞の概要

1月30日(火)に「課外活動奨励賞」表彰式が実施されました。式にご参加の皆さんに受賞の声をお聞きしました。

体育会モーターボート・水上スキー部 阿部 竜平 さん

■スポーツ活動奨励賞個人賞 ■分野[水上スキー]

今回の受賞について

今回はじめて個人での受賞となり、うれしく思います。新人王は入部してから常に目標として挙げてきたものだったのでそれをとることができ、
また、それがこのような賞につながり、またさらに頑張っていこうと思い、身が引き締まります。
今回賞に選んでいただきありがとうございます。

今後の目標

個人としての目標は総合での優勝でありますが、種目別でもしっかりと成績上位を狙いたいと思います。
また、チームとしても優勝できるよう、自分がどのようにしていけばチームのプラスになるかを考え、日々精進していきたいと思います。

体育会ラクロス部男子 小林 恭介 さん

■スポーツ活動奨励賞個人賞 ■分野[ラクロス]

今回の受賞について

4年間の部活動や日本代表活動で努力してきた結果がこのように形として評価され、大変嬉しく思います。

今後の目標

社会でも「結果」を残せる人間になりたいです。

体育会柔道部 坂本 弓委 さん

■スポーツ活動奨励賞個人賞 ■分野[柔道]

今回の受賞について

このような賞を頂き、大変嬉しく思います。
指導してくださった監督やコーチ、先輩方そして同期のおかげです。
本当にありがとうございます。

今後の目標

団体戦で全日本学生柔道優勝大会に出場することです。

吉田 綾音 さん

■スポーツ活動奨励賞個人賞 ■分野[スキー]

今回の受賞について

このような賞をいただくことができ、大変嬉しいです。

今後の目標

パラリンピックのように知名度は高くないのですが、聴覚障害者のオリンピックであるデフリンピックという存在を一人でも多くの人に
知ってもらえるように、2019年に行なわれる冬季デフリンピックに出場し、賞をとることを目標に頑張りたいです。

体育会合気道部

■スポーツ活動奨励賞団体賞 ■分野[合気道]

今回の受賞について

我々体育会合気道部が所属する錬身会という流派の第十回演武大会にて黒帯の部、茶帯以下の部で共に優勝をいただくことができました。
受賞者の力だけでなく、共に優勝を目指した仲間達から受けた刺激や、指導していただいた方々のご協力があったからこそ成し遂げることができたと重みを感じております。

今後の目標

合気道は独りよがりでできるものではありません。常に誰かとの繋がりをもっていて、そこには「信頼」が不可欠です。
お互いを信頼し合い、共に高みを目指し、悩み、楽しむ稽古を今後も重ねていきます。

体育会少林寺拳法部

■スポーツ活動奨励賞団体賞 ■分野[少林寺拳法]

今回の受賞について

今回このように課外活動奨励賞をいただくことができ、大変嬉しく思います。個人の活動もそうですが、少林寺拳法部としての賞は非常に光栄なことです。部員が様々な結果を残すことができたのも、多くのOBOGの先輩方や監督、学校からの援助のおかげだと思っております。

今後の目標

今年は部員が世界大会での入賞という大きな結果を出してくれましたが、今後はさらなる結果を残せるよう多くの期待を背負って、さらなる躍進を遂げることができるよう、これからもしっかりと精進していきます。

体育会モーターボート・水上スキー部

■スポーツ活動奨励賞団体賞(努力賞) ■分野[水上スキー]

今回の受賞について

今回努力賞をいただき、今までの結果が考慮され嬉しく思います。
水上スキーはマイナースポーツであるため、様々な人にもっと
知っていただけたら良いと考えています。
これからもしっかりと練習に取り組み、さらなる高みを目指して
精進していきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします。

今後の目標

今回の結果は正直あまり良い結果とは言えなかったため、今シーズンは
昨シーズンの悔しさをバネに監督、コーチ、選手、OBOG一丸となって
インカレ優勝を目指して頑張りたいと思います。

体育会ヨット部 

■スポーツ活動奨励賞団体賞(努力賞) ■分野[ヨット]

今回の受賞について

今回課外活動奨励賞という素晴らしい賞をいただき、部員一同光栄に
思っております。一年間、部員全員が誠心誠意部活動に取り組んで
参りました。我々ヨット部に対しこのような評価をしていただき、
この一年間部活動と真剣に向き合ってきて本当に良かったと感じています。
2018年度も体育会ヨット部を評価していただけるよう、また一年間
ヨットに取り組んで参ります。

今後の目標

我々体育会ヨット部のフィールドは海です。自然が相手となるため常に
危険と隣り合わせの活動を毎週行なっています。しかし、その状況で
日々練習をしているからこそ得られるものがあります。
2018年度も活動の幅をさらに広げ、体育会ヨット部のことを皆様に
知っていただけるよう精進して参ります。

体育会ラクロス部女子

■スポーツ活動奨励賞団体賞(努力賞) ■分野[ラクロス]

今回の受賞について

この度は名誉ある賞をいただき大変嬉しく思います。同時に日々、熱心に
ご指導くださるコーチ、OGの皆様をはじめとする諸先輩方、そしてラクロス部
を支えてくださる皆様に心からお礼を申し上げます。
私たちラクロス部女子は、現在68名が在籍し、鵜の木グラウンドを中心に週5日
練習に励んでおります。誰もが応援したくなるような愛されるチームを目指し、
日々精進していきたいと思います。これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

今後の目標

今回の受賞は学年試合の結果いただくことができましたが、また機会があれば
次はチーム全体の結果として明治学院に何か良い結果を残せれば良いと思います。
また、今年度は去年の悔しさを元に一部昇格を目指し日々精進していきたいです。

應援團チアリーディング部

■スポーツ活動奨励賞団体賞(努力賞) ■分野[チアリーディング]

今回の受賞について

この度は課外活動奨励賞をいただき、ありがとうございます。
顧問の先生や監督、コーチや学校の援助があるからこそ、たくさんの練習
ができ、受賞することができました。

今後の目標

期待に応えられるよう、努力して参ります。今後も応援よろしくお願いします。
学内のイベントにも積極的に参加させていただきます!

静永 紘介 さん
■文化・芸術活動奨励賞個人賞 ■分野[ダンス]

今回の受賞について

素直に嬉しく思います。文化としても未だに発展途上であるダンス(ストリートダンス)ですが、こういった受賞をきっかけに
より多くの人に認知され、どんな人からでも応援してもらえるようなものになっていくことを期待します。
形としては残りづらく、難しいものを評価していただけたことに感謝します。

今後の目標

強く太い信念を貫き通し、今後も邁進して参ります。

鈴木 慧南 さん
■社会貢献活動奨励賞個人賞(努力賞) ■分野[平和に関する活動]

今回の受賞について

日々、被爆者の方のために活動していたことが第三者に評価されることは非常に嬉しいです。日本では、ICANがノーベル平和賞を
受賞したのにもかかわらず、政府としてのコメントもなければ、報道もあまりされません。そんな中で少しでも誰かの耳に残る
活動ができていたら幸いです。
これをきっかけに他の多くの学生にも原爆や被爆、核の問題に関心を持ってもらいたいです。

今後の目標

今後も「核兵器がこの世界から無くなるまで」、そして被爆者の方々が安心して暮らせる社会を手に入れるために努力し続けたい
と思っています。

おはなしポップコーン

■社会貢献活動奨励賞団体賞 ■分野[ボランティア]

今回の受賞について

私たち、おはなしポップコーンの読み聞かせ活動の積み重ねを認めていただき、
非常に嬉しく思っています。
ここに至るまで多くの方々のご協力がありました。感謝の気持ちを忘れず、
今後も活動が継続するよう、メンバー一同努力していきたいと思います。

今後の目標

学び続ける姿勢を大切にしながら、子どもたちが絵本の楽しさ・面白さを
存分に感じられる読み聞かせを行ないたいと思います。


課外活動奨励賞受賞者一覧

スポーツ活動奨励賞

  
 
所属(学内団体)
分野
受賞者名
受賞対象内容
個人賞
(体)モーターボート・
水上スキー部
水上スキー
阿部 竜平
小笠原杯全日本学生水上スキー新人戦競技会
新人王、スラローム競技4位、ジャンプ競技4位
個人賞
(体)ラクロス部男子
ラクロス
小林 恭介
U-22日本代表選出
第8回APLUアジアパシフィック選手権大会出場
個人賞
(体)柔道部
柔道
坂本 弓委
第63回全日本基督教関係大学柔道大会
女子個人戦 準優勝
個人賞
---
スキー
吉田 絢音
2nd World Deaf Alpine Skiing Championships
(聴覚障がい者世界選手権) ジャイアントスラロームの部 8位
団体賞
(体)合気道部
合気道
---
合気道錬身会10周年記念全国演武大会
錬の部(黒帯) 優勝
身の部(茶帯以下) 優勝
団体賞
(体)少林寺拳法部
少林寺拳法
---
2017年少林寺拳法世界大会 in カリフォルニア
一般男女級拳士の部 3位
第51回少林寺拳法全日本学生大会 男女初段の部 1位 (他)
団体賞
(努力賞)
(体)モーターボート・
水上スキー部
水上スキー
---
全日本学生水上スキー選手権大会
スラローム競技 団体2位
団体賞
(努力賞)
(体)ヨット部
ヨット
---
関東トラディッションシリーズ
5戦完走、総合5位、敢闘賞
団体賞
(努力賞)
(体)ラクロス部女子
ラクロス
---
2017年度あすなろカップ 3位
団体賞
(努力賞)
(應)チアリーディング部
チアリーディング
---
第28回全日本学生チアリーディング選手権大会
応援団部門 4位 (他)
団体賞
(努力賞)
(愛)舞踏研究会
競技ダンス
---
第61回全日本学生競技ダンス選手権大会 ルンバの部 9位
第100回東部日本学生競技ダンス選手権大会 
パソドブレの部 1位 (他)
(体)は体育会、(應)は應援團、(愛)は愛好会

文化・芸術活動奨励賞

     
 
所属(学内団体)
分野
受賞者名
受賞対象内容
個人賞
---
ダンス
静永 紘介
BUZZSTYLE vol.11 Final 準優勝
Asia University Dance Championship
東京予選 優勝、上海本選 4位
団体賞
(愛)英語研究会
 ディベート  
---
52nd The Sophia Invitational Debate Tournament
準優勝
(愛)は愛好会

社会貢献活動奨励賞


 
所属(学内団体)
分野
受賞者名
受賞対象内容
個人賞
(努力賞)
---
平和に関する活動
鈴木 慧南
外務省より「ユース非核特使」に任命され、
18カ国24都市で証言活動を実施
団体賞
おはなしポップコーン
ボランティア
---
福島県相馬市で読み聞かせボランティアを実施
地元紙で取りあげられたほか、相馬市教育委員会より感謝状をおくられた


課外活動奨励賞の概要

目的
スポーツ、文化・芸術、ボランティア等の社会貢献活動の優秀な成績もしくは活動実績を顕彰し、今後の活躍を奨励することを目的とする。
対象
明治学院大学の学部に在籍する学生(個人、団体)。在学年数、自薦、他薦は問わない。
奨励賞の種類
  • スポーツ活動奨励賞
     スポーツ活動において、国際レベルまたはこれに準ずる大会への出場(日本選抜を含む)、全国レベルまたはこれに準ずる大会での上位入賞、またはこれと同程度の優秀な成績を収めた本学の団体もしくは個人。武道など等級制度のある競技については、審査にあたり、出場した大会等の段位・等級を考慮する。
  • 文化・芸術活動奨励賞
     文化・芸術活動において、国際レベル、全国レベルまたはこれに準ずる大会・ コンクールでの上位入賞、またはこれと同程度の優秀な成績を収めた本学の団体もしくは個人。活動が新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等のメディアで取り上げられた本学の団体もしくは個人。書道など等級制度のある分野については、審査にあたり、出展したコンクール等の段位・等級を考慮する。
  • 社会貢献活動奨励賞
      ボランティア、地域貢献、環境問題支援等の社会活動において、顕著な活動、功績を収めた本学の団体もしくは個人。活動に実績があり、十分に社会に貢献できていると認められ、公的団体等による賞等を受けた本学の団体もしくは個人。活動が新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等のメディアで取り上げられた本学の団体もしくは個人。
対象期間
2016年12月1日から2017年11月30日までの結果を対象とする。
募集期間
2017年11月6日(月)~2017年12月1日(金)
副賞
個人・・・10万円 団体・・・20万円