スマートフォン版を表示

「新型コロナウイルス感染症」の影響により、学費の支弁が困難な学生および保証人のみなさまへ

本学では、急激な家計環境の変化により、学費の支弁が困難になった学生に対する経済的支援策を複数用意しています。
経済的理由で学業継続が絶えることのないよう、支援を継続していきますので、利用についてご検討ください。

※申請方法やご相談等についてはメールにて受付いたしますので、下記へご連絡をお願いします。
 【1-2年生、国際学部生】横浜学生課 gakuseiy@mguad.meijigakuin.ac.jp
 【3-4年生(国際学部生以外)】白金学生課 gakusei@mguad.meijigakuin.ac.jp

【国の奨学金制度】

〇【2次募集】学生支援緊急給付金のお知らせ ※給付型につき返還不要 (7月7日更新)
学生支援緊急給付金給付事業(「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』)が、実施されます。これは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるアルバイト収入の減少などにより修学の継続に支障をきたす学生等を対象に、緊急で現金給付の支援を行う国の事業です。本事業は、要件を満たした学生が、大学を通じて申請をすることとなります。

1次募集を6月10日(水)で締め切りましたがこの度、2次募集を実施することとなりました。
※1次募集で推薦された方は、2次募集には申請できませんのでご注意ください。
※1次募集で推薦の対象とならなかった方もしくは期限遅れで書類を提出された方は、自動的に2次募集の選考対象となりますので、あらためて再申請をする必要はありません。

【給付額】住民税非課税世帯の学生:20万円
     上記以外の学生:10万円
     ※大学ごとに推薦人数が限られますので、申請をすれば必ず採用されるものではないことご了承ください。

【申請期限】2020年 7月 17日(金) 必着
     ※期限遅れについては、例外なく推薦できませんのでご注意ください。

本制度の詳細と申請方法については、以下Webサイトをご確認ください。
【アルバイト減収対象】学生支援緊急給付金制度のお知らせ

〇高等教育の修学支援新制度 (授業料減免と給付奨学金)
本制度は、住民税非課税世帯・準ずる世帯の学生を対象として、給付型奨学金の支給と併せて授業料減免が適用される制度です。 ※家計基準と学力基準の両方を満たす必要があります。
原則、申し込みは春学期・秋学期の定期採用となりますが、家計が急変したことで、直近の収入が 非課税世帯相当まで減少する場合には、年度途中であっても随時、申請が可能です。家計急変で申し込みをする場合は、家計急変の事由が発生した時から3か月以内に申し込む必要がありますので、速やかに所属校舎の学生課奨学金担当にご相談ください。
※なお、新入生で家計急変の事由が進学(進級)前の2019年1月以降、2020年3月以前に発生していた場合は、
 入学月から3か月以内に申請する必要がありますので、ご注意ください。
詳細については、以下のWebサイトをご確認ください。
【家計急変の方対象】高等教育の修学支援新制度への申請について(給付奨学金と授業料等減免)※5月13日 手続きについて更新

〇日本学生支援機構貸与奨学金「第一種緊急採用」「第二種応急採用」
家計が急変したことを理由に申請することができます。貸与の奨学金となりますので、卒業後に返還が必要です。
本制度の支援内容と要件の詳細については、日本学生支援機構のサイトをご確認ください。
 日本学生支援機構webページ 「第一種緊急採用」※無利子
 日本学生支援機構webページ 「第二種応急採用」※有利子

〇日本学生支援機構貸与奨学金「緊急特別無利子貸与型奨学金」(6月11日追記)
経済的に困難な学生が学業を継続できるよう、日本学生支援機構より緊急的に一定期間(2021年3月まで)「緊急特別無利子貸与型奨学金」が実施されます。 本奨学金は、第二種奨学金(有利子)制度を活用しつつ利子分を国が補填し、実質無利子にて貸与されます。
第二種奨学金の採用基準(人物・学力・家計)を満たし、さらにアルバイトの減収等が申請する際の条件となります。
制度の詳細および手続き方法については以下の大学webサイトをご確認ください。
 【アルバイト減収対象】緊急特別無利子貸与型奨学金

【本学独自の奨学金制度】 ※新型コロナウイルス感染症への緊急支援あり

〇【新規】新型コロナウイルス感染症対応給付奨学金 ※給付型につき返還不要 (8月3日 webサイト更新)
4月21日付、学長名文書『新型コロナウイルス禍に対する明治学院大学の対応について』において、「新型コロナウイルスの影響で(雇用の喪失や収入の急減など)家計が急変し、 勉学の継続に支障をきたした方を対象にして、特別な奨学金による救済措置を検討しております。」とお知らせしておりましたが、このたび、本学では新型コロナウイルス感染症対応給付奨学金を新設しました。
経済的理由により学びの機会をあきらめることのないよう本奨学金の活用をご検討ください。

本奨学金では生計維持者において家計が急変した方を対象として、昨年の収入より直近2カ月間の収入が40%以上減収した方に
40万円を支給します。

支給の機会は2回にわけ、第一期(6月~8月)、第二期(11月~1月)の応募が可能となっております。
なお、第一期に受給した場合でも、第二期にも応募することが可能です。

所得の条件等ございますので、詳細については以下よりご確認ください。
 【家計急変者】新型コロナウイルス感染症対応給付奨学金のご案内

〇明治学院大学ヘボン給付奨学金 (※給付型につき返還不要)
経済的援助が必要であると認められ、日本学生支援機構貸与奨学金またはその他の貸与奨学金を受給している場合に申請ができます。
秋学期に新規出願をし、翌年度の春学期に更新手続きを行うことで年間2回の受給機会が得られます。
秋学期・春学期それぞれについて審査を行い、採否を決定します。
今年度の募集要項を公開しましたので、詳細は以下をご確認ください。
 〇2020年度ヘボン給付奨学金 募集要項

〇被災者学費減免特別措置
災害救助法適用地域またはその周辺地域で、ご父母またはご父母に代わって家計を支えている方が被災された場合、
学費減免特別措置を実施しています。
申請には罹災証明書等の裏付資料が必要となります。
現在、実施している被災者学費減免特別措置は以下の4つです。詳細は各サイトよりご確認ください。
 「令和2年7月3日からの大雨」に係る被災者学費減免特別措置
 「令和元年台風第19号」に係る被災者学費減免特別措置
 「令和元年8月の前線に伴う大雨」に係る被災者学費減免特別措置
 「平成30年北海道胆振東部地震」に係る被災者学費減免特別措置

【本学独自の貸付制度】

〇学生金庫 特別貸付(留年生も利用可)
経済的な事情により学納金の納入が困難となった場合、大学より一時的に貸付を無利子で受けることができる制度です。
貸付額は当該学期の授業料と当該学期の施設費を合計した額の半額を上限とします。
返済期限は貸付を受けた月の翌月から起算して6ヵ月以内とし、一括または分割での返済となります。※卒業年次生は在学期間まで

【民間育英団体・地方公共団体奨学金】

民間企業および都道府県や市区町村などが将来の活躍を期待して支援を行う奨学金制度です。
団体ごとに募集条件が異なりますので、それぞれの募集要項にてご自身が条件に該当するかご確認ください。
募集状況は以下の大学webサイトを随時更新していますのでご確認ください。
 民間育英団体奨学金の募集状況
 地方公共団体奨学金の募集状況
 外国人留学生対象 奨学金の募集状況

【厚生労働省施策】

厚生労働省により次の制度が用意されております。制度概要については、厚生労働省のホームページ等でご確認ください。
 ○生活福祉資金(教育支援資金)貸付
 ○母子父子寡婦福祉資金貸付金

【教育ローン】

本学では、在学生を対象とする教育ローンとして、みずほ銀行および三菱UFJフィナンシャルグループの株式会社ジャックスと提携しています。 ご利用を検討される場合には、下記の問い合わせ先に「明治学院大学の教育ローンについて」とお申し出の上、直接お問い合わせください。

〇みずほ銀行 教育ローン(留年生も利用可)
詳細については、みずほ銀行 五反田支店に直接お問合わせください。
【みずほ銀行 五反田支店】TEL:03-5487-5980
受付時間:平日 9:00-17:00 ※非常事態宣言中につき受付時間は変更されている可能性があります。

〇ジャックス教育ローン
詳細については、コンシュマーデスクに直接お問い合わせください。
【ジャックス コンシュマーデスク】TEL:0120-338-817
受付時間:平日・土日祝日 10:00-19:00 ※非常事態宣言中につき受付時間は変更されている可能性があります。