国際機関実務体験プログラム 派遣先について

プログラムの概要

横浜・みなとみらい地区の国際機関で100時間の実務体験をするプログラムです。プログラム全体の企画・運営を行う公益財団法人横浜市国際交流協会(国際機関・大学間の調整など)、受け入れ機関である国際機関、学生を派遣する立場である大学の3者が協力して運営しています。本学を含めた横浜市内の6大学が参加、プログラムは毎年春期と夏期に提供されています。

応募の流れ

  • 説明会 夏期(5月)、春期(10月)
  • 応募用紙の提出 (5月、10月もしくは11月)
  • 書類選考
  • 面接

活動先について

最近の活動先実績は、以下のとおりです。
2012年度の実績 夏期:(公財)横浜市国際交流協会(YOKE)、国連食糧農業機関(FAO)
         春期:国連大学高等研究所(UNU-IAS)
2013年度の実績 夏期:(独)国際協力機構横浜国際センター(JICA横浜)、
            (公財)横浜市国際交流協会(YOKE)
         春期:アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター(IUC)
2014年度の実績 夏期:国際熱帯木材機関(ITTO)、(公財)横浜市国際交流協会(YOKE)
         春期:国連食糧農業機関(FAO)、アジア太平洋都市間協力ネットワーク(CITY-NET)
2015年度の実績 夏期:(独)国際協力機構横浜国際センター(JICA横浜)、
            (公財)横浜市国際交流協会(YOKE)、
            国際熱帯木材機関(ITTO)
         春期:(公財)横浜市国際交流協会(YOKE)、
            アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター(IUC) 、
            アジア太平洋都市間協力ネットワーク(CITY-NET)
2016年度の実績 夏期:(公財)横浜市国際交流協会(YOKE)、国際熱帯木材機関(ITTO)
         春期:アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター(IUC)、
            アジア太平洋都市間協力ネットワーク(CITY-NET)
2017年度の実績 夏期:(独)国際協力機構横浜国際センター(JICA横浜)、国際熱帯木材機関(ITTO)
         春期:国連食糧農業機関(FAO)、CITYNET横浜プロジェクトオフィス
2018年度の実績 夏期:国際連合世界食糧計画WFP協会