柘植あづみのホームページ

  •  

<< TOP PAGE

業績

【書籍】(最近のもの)
発行年 【著書および書籍所収の論文】 掲載書籍・雑誌等 web
単著
2012 生殖技術――不妊治療と再生医療は社会に何をもたらすか (みすず書房) web
2010 妊娠を考える――<からだ>をめぐるポリティクス (NTT出版) web
1999 文化としての生殖技術――不妊治療にたずさわる医師の語り (松籟社)  
共著(共同執筆)
2009 妊娠―あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください 柘植あづみ・菅野摂子・石黒眞里共著(洛北出版) web
共著(分担執筆)
2014 生殖医療 山下晋司編『公共人類学』(東京大学出版会)(87-102頁)  
2013 生殖技術 木村涼子・伊田久美子・熊安貴美江編『よくわかるジェンダー・スタディーズ: 人文社会科学から自然科学まで』ミネルヴァ書房  
2010 How Japanese Women Describe Their Experiences of Prenatal Testing In M. Sleeboom-Faulkner ed., Frameworks of Choice: Predictive and Genetic Testing in Asia, Amsterdam, Amsterdam University Press, pp.109-123.
web
翻訳・その他
2012 物語を通して遺伝子技術を解釈する Lundin, S. and Ideland, M.編、粟屋剛ほか訳『遺伝子工学と社会: 学際的展望』(溪水社)所収(担当89-102頁)
 
 
【学術論文】(最近のもの)
2017 女性の健康政策の20年―リプロダクテイブ・ヘルス/ライツから出生促進政策まで 『国際ジェンダー学会誌』14号,pp.32−52  
2016 少子化対策の教育への浸潤 「医学的・科学的に正しい知識」とは 『現代思想』44(9),pp.218−227  
2015 Considering the Social Background of Prenatal Tests in Japan The Meiji Gakuin Sociology and Social Welfare Review, 145, pp.137-164 web
2014 生殖補助医療法案について考える 『現代思想』9月号(青土社)42(13),60-67頁  
2014 Patient-Centered Development? Comparing Japanese and
Other Gynecological Examination Tables and Practices
East Asian Science, Technology and Society: An International Journal (2014) 8:pp.323–345 with Kyoko Mimura, Minori Kokado, Hyunsoo Hong, and Chiungfang Chang web
2014 諸外国の出生前診断の状況とその背景(二階堂祐子との共著) 日本医師会雑誌,143(6),1166-1170頁  
2013 新出生前検査をめぐって考えておきたいこと 『現代思想』12月号(青土社)41(17),172-175頁  
2013 出生前診断と中絶――選択に必要な情報とは 『医学のあゆみ』(医歯薬出版)246巻2号、176-180頁  
2013 「新型出生前検査」が可視化する日本社会の問題 『世界』、1月号、152-160頁  
2011 卵子提供について多角的な視点から見る―アメリカでの調査から 「助産雑誌」、60、8、710-713頁  
2011 Reconsidering ethical issues about "voluntary egg donors" in Hwang's case in global context New Genetics and Society, 30:3,pp.241-252, with Hong, Hyunsoo web
2010 Social meaning of ‘donating eggs: Women’s views about eggs, bodies, and self Paper for presentation at the session of Medicine and Gender in Global/Local Politics: (3) Gender and Medicalized Bodies in Modernity, 4S (Society for Social Studies of Science) web
2009 Life After Experiences of Infertility Treatment: Akirameru - The First Step for Empowering East Asian Science, Technology and Society: An International Journal,(Springer Netherland)Vol.2,No.3,pp.381-400 web
 
【その他】(最近のもの)
2016 「東日本大震災女性支援ネットワークによる支援者調査」 池田恵子+柘植あづみ共著、BIOCYTY 67号「災害とジェンダー特集」pp.46-56. web
2014 妊娠と出生前検査に関するアンケート調査2013 単純集計結果報告書 妊娠と出生前検査の経験に関する調査研究会(柘植あづみ、 石黒真里、井原千琴、白井千晶、菅野摂子、田中慶子、渡部麻衣子 web
2013 東日本大震災「災害・復興時における女性と子どもへの暴力」に関する調査報告書 東日本大震災女性支援ネットワーク 
調査チーム報告書II
(文責:吉浜美恵子・ゆのまえ知子・柘植あづみ・正井禮子)
web
2012 東日本大震災における支援活動の経験に関する調査報告書 東日本大震災女性支援ネットワーク 
調査チーム報告書I(文責:池田恵子・柘植あづみ)
 
2012 被災地の女性の健康 竹信三恵子・赤石千衣子(編)
『災害支援に女性の視点を!』
(岩波ブックレット No.852)(33-34頁)
 
2010 希望をふりまくだけではなく、事実を伝えてほしい [生命倫理会議]小松美彦・市野川容孝・田中智彦(編)
『いのちの選択――今、考えたい脳死・臓器移植』
(岩波ブックレット No.782)(70頁)
 
2010 講演「うまれること、いきること」 「いのちを見つめる/美術とリプロダクション」記録集(2010年9月18日) web
 
【最近携わっている主な研究テーマ】
  「医療技術の選択とジェンダー――妊娠と出生前検査の経験に関する調査」(文科省・学術振興会科学研究費補助金、基盤研究(B)(2013-2015年)(研究代表者) 出生前検査をめぐる女性の意思決定とそれに影響を与える要因を、量的調査(質問紙調査とインターネット調査)および質的調査(女性と夫、障碍のある人、障碍児を育てている両親、医療者へのインタビュー)の両面から明らかにします。学術的な成果に加え、日本の医療界や一般の方々に対し多様な考え方や選択の事例を提供することを目指しています。 web
  「医療技術の開発/応用についてのジェンダー分析: 遺伝子・卵子・胎児への視線から」(科学研究費補助金基盤研究(B)(2009/04〜2012/03) → 詳細はこちら web

詳細な業績 http://gyoseki.meijigakuin.ac.jp/mguhp/KgApp?kyoinId=ymiggygeggy

△UP