柘植あづみのホームページ

  •  

<< TOP PAGE

業績
書籍

【書籍】(最近のもの)
発行年 【著書および書籍所収の論文】 掲載書籍・雑誌等 web
単著
2022 生殖技術と親になること―不妊治療と出生前検査がもたらす葛藤 (みすず書房) web
2012 生殖技術――不妊治療と再生医療は社会に何をもたらすか (みすず書房) web
2010 妊娠を考える――<からだ>をめぐるポリティクス (NTT出版) web
1999 文化としての生殖技術――不妊治療にたずさわる医師の語り (松籟社)  
共著
2019 「第3章 生殖管理の戦後――優生保護法成立前の中絶と主体をめぐって」 坪井秀人編『戦後日本を読みかえる4 ジェンダーと生政治』(臨川書店)
2017 文科省/高校「妊活」教材の嘘 西山千恵子・柘植あづみ編著(論創社) web
2010 How Japanese Women Describe Their Experiences of Prenatal Testing In M. Sleeboom-Faulkner ed., Frameworks of Choice: Predictive and Genetic Testing in Asia, Amsterdam, Amsterdam University Press, pp.109-123.
web
2009 妊娠―あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください 柘植あづみ・菅野摂子・石黒眞里共著(洛北出版) web
翻訳・その他
2012 物語を通して遺伝子技術を解釈する Lundin, S. and Ideland, M.編、粟屋剛ほか訳『遺伝子工学と社会: 学際的展望』(溪水社)所収(担当89-102頁)
 
 
【学術論文】(最近のもの)
2021 Women's decision-making and their experiences in the changing socio-technical system of prenatal testing in Japan, 1980s to 2010s ICON: The Journal of the International Committee for the History of Technology,26(2):62-80  
2020 法制度からみた出生前診断,着床前診断 『周産期医学』東京医学社、50(1):45−48  
2019 リプロダクティブ・ライツとは何か 『現代思想』青土社、9月号:99−107
2019 ささやかな欲望を支える選択と責任――卵子提供で子どもをもつ理由―― 『思想』岩波書店、1141巻:27−49  
2018 人の受精卵ゲノム編集を進める前に社会が努力すべきこと 『生命と倫理』5巻:61−67
2018 拡張する生殖医療に必要な倫理的視点とは何か 『医学のあゆみ』医歯薬出版、264(3):273−275  
2017 「卵子の老化」説から考える年をとることへの恐れと生殖医療技術の拡大の関係 『学術の動向』22(8):46−51 web
2017 女性の健康政策の20年―リプロダクテイブ・ヘルス/ライツから出生促進政策まで 『国際ジェンダー学会誌』14号,pp.32−52 web
2017 災害対応にジェンダー・多様性の視点を導入するために必要なこと―東日本大震災の支援者への聞き取り調査から 『研究所年報』47号,pp.195−213 ,明治学院大学社会学部  
2016 少子化対策の教育への浸潤 「医学的・科学的に正しい知識」とは 『現代思想』44(9),pp.218−227  
2015 Considering the Social Background of Prenatal Tests in Japan The Meiji Gakuin Sociology and Social Welfare Review, 145, pp.137-164 web
2014 生殖補助医療法案について考える 『現代思想』9月号(青土社)42(13),60-67頁  
2014 Patient-Centered Development? Comparing Japanese and
Other Gynecological Examination Tables and Practices
East Asian Science, Technology and Society: An International Journal (2014) 8:pp.323–345 with Kyoko Mimura, Minori Kokado, Hyunsoo Hong, and Chiungfang Chang web
2014 諸外国の出生前診断の状況とその背景(二階堂祐子との共著) 日本医師会雑誌,143(6),1166-1170頁  
 
【その他】(最近のもの)
2020 不十分すぎる…精子・卵子提供で生まれた子どもの親子関係を定める法案の「大きな課題」 父・母が誰かを決めるだけでいいのか 柘植あづみ著、現代ビジネスオンライン 2020.11.16 web
2020 ビジネス化する「新型出生前検査」、無認定施設が急増している深刻な事情 市場原理と医の倫理を考える 柘植あづみ著、現代ビジネスオンライン 2020.9.12 web
2018 拡張する生殖医療に必要な倫理的視点とは何か 柘植あづみ著、『医学のあゆみ』264巻3号pp.273−275.  
2016 「東日本大震災女性支援ネットワークによる支援者調査」 池田恵子+柘植あづみ共著、BIOCYTY 67号「災害とジェンダー特集」pp.46-56. web
2014 妊娠と出生前検査に関するアンケート調査2013 単純集計結果報告書 妊娠と出生前検査の経験に関する調査研究会(柘植あづみ、 石黒真里、井原千琴、白井千晶、菅野摂子、田中慶子、渡部麻衣子 web
2013 東日本大震災「災害・復興時における女性と子どもへの暴力」に関する調査報告書 東日本大震災女性支援ネットワーク 
調査チーム報告書II
(文責:吉浜美恵子・ゆのまえ知子・柘植あづみ・正井禮子)
web
2012 東日本大震災における支援活動の経験に関する調査報告書 東日本大震災女性支援ネットワーク 
調査チーム報告書I(文責:池田恵子・柘植あづみ)
 
 
【最近携わっている主な研究テーマ】
  生殖医療技術の利用における選択―新しい技術の受容・拒否・躊躇(文科省・学術振興会科学研究費補助金、基盤研究(B)(2020−2023年)(研究代表者) 生殖医療技術はこの半世紀絶え間なく進歩し、さらに再生医療、移植医療、ゲノム医療とも密接に関わり、妊娠・出産のみならず多くの人の人生の多様なステージに関わるようになった。本研究では、人の配偶子(卵子や精子)、受精卵、胚が贈与されたり、商品として授受される現在の状況を踏まえて、いくつかの国や地域を対象にして、生殖医療技術を使って子どもを持とうとしている人、生殖医療技術を提供している医師やその他の医療者、生殖医療技術を規制する法律や各種の指針を定める人を対象に、アンケートとインタビューによってその意識や価値観を探り、実際の運用状況を調査し、なぜ生殖医療技術が現在の形で実施されているのかを考察する。 web

詳細な業績 http://gyoseki.meijigakuin.ac.jp/mguhp/KgApp?kyoinId=ymiggygeggy

△UP