教員の養成に関する教育の質の向上に向けた取組

<大学全体>

 教学改革担当の副学長を委員長とするファカルティ・ディベロップメント(FD)・教員評価検討委員会を設置し、学生による授業評価をはじめとし、FD活動の方向性を検討している。
 また、本学における教員養成課程の全学的な管理及び運営に関して協議するため教職センター(センター長:副学長)を設置している。同センターでは、教職課程の全学的管理及び運営に関する基本方針、その他全学の教職課程の運営上必要と認められる事項を審議している。

<教職課程>

  • 「教育実習」の授業は、少人数クラスで行い、全て文学部教職課程所属の専任教員が担当している。教育実習への心得の指導、学習指導案作成指導、模擬授業、実習校への 訪問等を行い、きめ細かい指導を行っている。また、「教育実習」の授業では、教育実習にいく大学4年生に対して、現職の教員を招き、教育現場の実際や教育実習へ心構えをお話ししていただく教育実習事前指導講演会を毎年実施している。時には、教育実習担当教員が、教育実習クラスの学生に対して、教員採用試験の面接指導の他、卒業生の進路相談も行っている。
  • 「教職実践演習」の授業においても、現職の先生を招き、模擬授業をする機会や、学校見学を行い、学校現場を生で体感させる機会を設けている。
  • 「教科又は教職に関する科目」では、少人数で演習の授業を行ったり、教育臨床の授業を行ったりしている。授業力の向上や、主体的参加の育成、社会認識の醸成に役立てている。
  • 文学部講演会を毎年開催し、全学の教職課程の受講生を対象に、教育のホット・トピックスに関して専門家等にお話ししてもらっている。
  • 卒業生教員懇談会を毎年開催し、本学を卒業した教員より、次年度から教員になる学生に対して、アドバイスや助言をしてもらっている。
  • 毎年、文学部教職課程の教員同士で研修を行い、教育法規の改正、授業技術の向上、最新の教育動向等について、情報共有を図り、意見の集約を行っている。また、教員研修の一貫として、他大学の教職課程の組織形態等についての視察等も、毎年行っている。
  • 非常勤講師会を開催し、教学改革の充実を行っている。
  • 教員採用試験に関する対策を毎年実施し、教員を目指す学生の就職支援を行っている。特に、2014年度は、学内の教学支援改革予算を獲得し、例 年以上に教員採用試験対策セミナー等を充実させている。また、教員採用試験合格者による報告会を開催したり、合格者の体験談を冊子にまとめたりしている。

<教育発達学科>

  • 「教員の養成に関する教育の質の向上」を図る目的から、大学の授業と教育現場での経験を循環させる「循環型教育システム」を基盤にカリキュラムを編成している。具体的には、教育現場での経験として、1年次の「教育発達学概論」における各校種の教育現場での観察実習と、2年次の「教育発達学方法論」における年間を通じた小学校での体験活動(週1日1回)を必修科目に位置付け、それを大学の授業と関連付けることによって、学生が主体的に自らの課題を発見しながら、知識とスキルの定着を図れるようにしている。
  • 「授業研究」(幼稚園は「保育内容研究」)、「教育実習」及び「教職実践演習」の授業では、各校種ごとに教育現場に精通した特命教授を配置し、専任教員と連携して学生指導に当たることにより、教職に関する実践的な力量形成に努めている。
  • 心理学部全体のFD研修(年2回)に加え、学科独自のFD研修(年5~6回)を開催し、教員養成に関わる教員自身の資質向上に努めている。
  • 2011年度より電子ポートフォリオシステムを導入し、学期末にはルーブリックを用いた学生の自己評価を実施することにより 、教職に求められる資質能力の獲得状況を学生自身が把握し、次の学期・学年に向けた自らの課題を明確化できるようにしている。
  • クラスアドバイザー(1、2年次)及びゼミ指導教員(3、4年次)による個人面談(各 学期1回実施)等 から得られる学生の就学状況やキャリア形成に関する情報を教員間で共有し 、教員相互の連携を高めることにより 、教員養成に関する学科全体の教育の質の 向上を図っている。