野球部 第4戦 VS武蔵大学

明治学院大学(以下、明学大)野球部の今季第4戦が、4月16日(土)町田市にあります小野路球場にて開催されました。
春季リーグの明学大は好調で今のところ3連勝でトップを走っています。今回の対戦相手は武蔵大学(以下、武蔵大)です。





試合は開始早々に動きます。1回の表、明学大の攻撃はワンアウトから四球でランナーが出ます。
続く3番の西山さんが目の覚めるようなレフトスタンドへのホームランで先制。
対する武蔵大は2回裏、ワンアウトから連続ヒットで1,3塁とチャンスを作りますが、
セカンドゴロでダブルプレイ。3回裏の武蔵大はワンアウト2塁からヒットで1,3塁、
続くバッターのセンターフライが犠牲フライとなり明学大2-1武蔵大となります。






4回の武蔵大の攻撃ではツーアウト満塁のピンチを招きますが続くバッターをレフトフライに抑えます。
5回の武蔵大の攻撃で明学大はピッチャー交代。先発の水沼さんから松井さんに代わります。
ツーアウト1塁の場面で三遊間を襲った打球をショートの山梨さんが横っ飛び。
倒れたままで矢のような送球をセカンドに投げてホー スアウト。美技でピッチャーを盛り立てます。
明学大は6回も三者凡退。ヒットは1回のホームランと3回のヒットの2本のみです。

7回の武蔵大の攻撃、1,2塁にランナーを置いたところで明学大のピッチャーは高崎さんに。
3番バッターがレフト前に落としますが、2塁ランナーをホームで刺し1アウト1,2塁に。
続く4番を三振に仕留めますが、5番がセンター前ヒットで明学大2-2武蔵大とついに追いつかれます。
明学大の攻撃は8、9回と三者凡退。流れは武蔵大です。








同点で迎えた9回の裏、武蔵大の攻撃は2アウトから2塁打。3番を敬遠して4番と勝負。
ここで武蔵大は代打を送ります。その第1球目をキャッチャーがパスボール、2塁ランナ ーは3塁へ。
すると今度はキャッチャーが3塁に投げたボールを3塁手が後逸。3塁ランナーはレフトのカバーがありますので本塁には走りません。
ところがこのボールをレフトがまさかの後逸。 この間に3塁ランナーがホームに帰りゲームセット。
明学大2-3武蔵大、あっけない幕切れとなりました。


今季、明学大は初めての黒星です。翌日、明学大は同じ小野路球場で成城大学と試合を行いましたが、
4回裏の明学大の攻撃中に天候悪化でノーゲームとなっています。 ただし、その段階で明学大9-2成城大でした。
次の試合は4月23日(土)13時~VS玉川大学(中井中央公園野球場)で開催されます。皆さんの応援を宜しくお願いいたします。