授業コード Course Code 1KF1050000
授業開講年度 Year of Class 2013年度
授業名称 Class Name 総合講座1/法律学特講3(読売新聞教育支援講座1)
テーマ Theme
科目名称 Subject Name 総合講座1
履修期 Term 春学期
担当者漢字名称 Chief Instructor 尾関 謙一郎
担当者カナ名称 Kana Name Of Chief   Instructor オゼキ ケンイチロウ
開講キャンパス Campus 白金
曜時 Day and Period 水曜3時限
授業概要 Course Description 政治、経済、国際、社会、写真取材などの第一線で活躍し、現在は若手記者の指導にもあたっている読売新聞のベテラン・ジャーナリスト等を招き、各分野での取材の実際、記事のまとめ方、広告や制作の諸問題等について学ぶ。  
学習目標 Class Goals 本講座は、読売新聞東京本社の幹部の方が直接講義を担当して下さる講義である。新聞というメディアの機能、課題等について学ぶとともに、新聞制作の現場を実感してもらいたい  
授業計画 Daily Class Schedule 【第1回】 オリエンテーション
 
  【第2回】 「伝える技術」 編成部
 
  【第3回】 「政治報道の現場と課題」 政治部
 
  【第4回】 「国際報道の現場と課題」 国際部
 
  【第5回】 「経済報道の現場と課題」 経済部
 
  【第6回】 「事件報道の現場と課題」 社会部
 
  【第7回】 「社説と新聞」 論説委員
 
  【第8回】 「世論調査報道の舞台裏」 世論調査部
 
  【第9回】 「生活ニュースの今」 生活情報部
 
  【第10回】 「社会保障制度を考える」 社会保障部
 
  【第11回】 「スポーツ報道最前線」 運動部
 
  【第12回】 「文化面を楽しむ」 文化部
 
  【第13回】 「フォト・ジャーナリズム」 写真部
 
  【第14回】  新聞記者の仕事からなにを学ぶか
 
  【第15回】まとめ
授業に向けての準備・アドバイス
  Advice on Preparing for Class
読売新聞の幹部の方々が、忙しい時間を割いて来てくださる講義である。講義は一言も聞き漏らすまいという積極性が求められる。また私語や遅刻が厳禁であることは言うまでもない  
教科書 Texts ジャーナリストという仕事』(読売新聞東京本社教育支援部編、中央公論新社、2008年)
  読売新聞紙上に署名記事を書いている先生も多数おられるので、読売新聞は授業期間中、毎日読むこと。
参考書 Reference Books
成績評価の基準
  Evaluation Criteria
出席50%、期末レポート50% 。
  なお、出席回数が7回を下回る者については、成績評価の対象としない。
関連URL Related URL
備考 Notes 授業計画は読売新聞との関係で変更があり得る。確定版は、オリエンテーションの際に配布する  
添付ファイルの注意事項 Notice
更新日時 Date of Update 2013年01月22日 14時39分08秒