Graduate School of Business and Law
経営と法律を融合的に学び、
未来のリーダーを担う人へ

ABOUT

法と経営学研究科について

企業活動に不可欠な法と経営学とを
融合的に学び、実社会のリーダーとなる

現代は企業や行政の専門化が高度に進んだ社会と言えますが、我々はそのメリットを享受する一方、「縦割り組織」などの弊害にも直面しています。そこで法と経営学専攻のカリキュラムは、経営学と法学の双方から学際的に、健全かつ合理的な企業経営の在り方を探求することができるように編成されています。

DATA

数字で見る研究科

  • 日本の大学院の研究科

    1st

    日本初の「法と経営学研究科」

  • 教員一人あたりの
    院生数

    3

    ※2021年度の数値

    少人数教育で一人ひとりの学修をしっかりサポートしていきます。

  • 目指せる人材

    2in1

    経営学と法学を融合的に学べる革新的な研究科で未来のリーダーを担う人へ

  • 履修モデル

    5

    将来の進路に応じた科目選択ができるように、5つもの履修モデルを設定しています。詳細はこちら

  • カリキュラム制度

    6

    経営学科目・法学科目のそれぞれ6分野(「コーポレート・ガバナンス」「ファイナンス」「ヒューマンリソース」「プロダクション&サプライ」「マーケティング」「ガバメント」)を網羅的に勉強することができるのが本研究科の強みです。

  • 中核専任教員数

    12

    「法と経営学研究科」の中核専任教員(12名)は経済学部の専任教員数名と法学部の専任教員数名で構成されます。

  • 就職内定率

    90.91%

    「法と経営学研究科」の就職内定率はなんと90.91%!(2019年度修了生実績)詳細はこちら

CURRICULUM

カリキュラム紹介

本研究科の新しい教育システムの下で学修に励み、法学と経営学の二つの視点で問題解決を図る能力を身につけ、自身のキャリアにあわせて5つの履修モデルを設けています。

INTERVIEW

院生インタビュー

「法と経営学」という新しい研究科でどのようなことを研究しているのか、進路はどうするのか?など、3名の院生にインタビューを行いました。