学んでみたら面白い! そんな発見がたくさんある学科です。

消費情報環境法学科4年(2014年6月現在)
菅原 柊子さん

学んでみたら面白い! そんな発見がたくさんある学科です。

高校時代から時事問題に興味があったので、法学部か政治学部に進もうと考えていました。消費情報環境法学科は、その長~い名前が気になり、受験について確かめてみたら、AO入試制度があったので挑戦を決意。もし、それで不合格だったとしても一般入試で受けるつもりでいました。結局、AOで入学できましたが、正直、授業は想像よりも大変でした。大学では好きなことだけ勉強すればいいのだろうなんて甘く考えていたんです(笑)。

でも、難しそうな授業でも、学んでみると面白いものもたくさんありました。そのひとつが、所属するゼミの担当でもある宮地先生の「憲法1A」と「憲法1B」です。とにかく頭をフル回転させなければならない授業ですが、やればやった分、価値あることが吸収できます。

また、消費情報環境法学科らしい科目である「情報処理」も収穫の多かった授業のひとつです。「パソコンでこんなことまでできるのか!」と感心するようなソフトウェアのノウハウが学べました。

私は明学の管弦楽団に所属して、1年生のときから横浜と白金のキャンパスを行き来して練習を続けてきましたが、どちらにもそれぞれの魅力があります。ぜひ、受験する前に足を運んで、肌で確かめてもらいたいですね!

プロフィール

菅原柊子(すがわら・とうこ)
千葉県生まれ。千葉県立小金高校卒業。宮地基教授の「憲法学」ゼミに所属。

所属サークル

管弦楽団 「120人が所属する伝統ある楽団で、私は昨年秋まで副団長を務めました。毎年5月と11月に大きな定期演奏会があります」

キャンパスのお気に入り

白金キャンパスのインフォメーションラウンジ。「パレットゾーンのB1F。勉強したり、サークルの仲間とおしゃべりしたり、意外と知られていない穴場スペースです」

お気に入りの本

『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎

ある日の1日

今日の授業は2限から。ゆっくり朝ごはん。
2時限生命科学
3時限演習(ゼミ/宮地基教授)
4時限競争法
18:15から白金キャンパスのアートホールで管弦楽団の合奏練習。21時まで気合を入れてがんばります!

ページトップ